ビットコイン(BTC)

ビットコインのスワップポイントとは?ロールオーバーってなに?注意点やデメリットは?

はじめに

こんにちは!ビットコイン・仮想通貨専門WEBマガジン「ビットカレンシー」編集部です。本日は、ビットコインのスワップポイントとロールオーバーについてです。

  1. 世界初の仮想通貨であるビットコインは知名度が高くて普及が進んでいるため、後発のアルトコインよりも価格が安定しています。
  2. それでも新興国通貨よりも値動きが激しいので、信用取引(FX)に利用できます。
  3. 仮想通貨で信用取引を行う際は、スワップポイントに注意する必要があります。

ビットコインの信用取引(FX)と活用方法とは

ビットコインなどの仮想通貨は特定の国の政府や中央銀行によって流通量が管理されている訳ではないので、金やプラチナなどの商品と同じように値動きが激しいという特徴があります。

値動きが激しい仮想通貨はモノやサービスの決済の際に利用しにくい面がありますが、投資の対象としては魅力的な存在です。

仮想通貨であれば、少額取引でも大きな利益を得ることができる場合があるからです。仮想通貨であれば現物取引でも十分に利益を得ることができますが、信用取引であればさらに多くの利益が得られるチャンスがあります。

一般的に仮想通貨FXで用いられるのはビットコインですが、ビットコインよりも値動きが激しいアルトコインの信用取引も可能です。

ビットコインFXを行う基本的な流れですが、最初に取引所の口座に証拠金となる日本円またはビットコインを入金します。

証拠金を設定して希望する金額のビットコインを借りて取引を行います。一定の利益が出たら仮想通貨で決済(返済)を行います。アカウントに追加で入金した同種の仮想通貨でも決済に利用することができます。

信用取引を行えば現物取引を行うよりも大きな金額を動かすことができるため、少ない資金で大きな利益を得ることができる場合があります。

複数の取引所にアカウントを開設して信用取引を活用することで、取引所間で相場に差が生じた際にアービトラージ取引を行うことも可能です。

取引価格が安い取引所で仮想通貨を買い、価格の高い取引所で信用取引で仮想通貨を借りて売ります。安い取引所で買った仮想通貨を信用取引を利用した取引所に送金して決済を行えば、少ない資金でもアービトラージ取引で大きな利益を得ることができます。

信用取引が可能な仮想通貨取引所を利用すれば、外貨FXと同じ感覚で仮想通貨FX取引を行うことができます。

ビットコインFXのスワップポイントとロールオーバーとは

外貨FXの世界では通貨ごとに利率が異なるため、一定のポジションを保有するとスワップポイントとして金利差の分の利息が付く場合があります。

一般的に外貨FXのスワップポイントはプラスまたはマイナスになる場合があり、スワップポイントだけで利益を得る手法も存在します。

ビットコインFXの世界でも「スワップポイント」があり、貸し出された仮想通貨に対して一定の割合の“利息”が加算されます。

ビットコインFXが外貨FXと大きく異なる点は、基本的に仮想通貨には利息が付かないため、スワップポイントは利子というよりも仮想通貨の「レンタル料」としての意味合いが強いことです。

仮想通貨FXは外貨FXのようにスワップポイントを受け取ることができず、借りた仮想通貨に対するスワップポイントを支払うのみとなります。

仮想通貨FXの世界でも外貨FXと同様にロールオーバーが存在します。仮想通貨を借りる際のスワップポイントは日割り計算で加算(ロールオーバー)されます。

そのため、日にちをまたいでポジションを持ち続けると、日数分のスワップポイントが加算されます。そのため、スワップポイントが加算されないように1日で決済してしまえば、スワップポイントを支払う必要がありません。

仮想通貨は値動きが非常に激しいため、短時間の売買取引を行うだけでも利益が得られる場合があります。このためスワップポイントが加算されないように注意すれば少ない手数料で信用取引を行うことができます。

ビットコインをアービトラージ取引を行う場合でもロールオーバーしないように当日中に決済を済ませてしまえば、売買取引の際の手数料だけで済みます。

仮想通貨FXは短期間の取引でも利益が得られるため、平日には仕事(本業)に従事して休日にのみ副業として仮想通貨投資を行うことも可能です。

ビットコインFXでスワップポイントに注意すべき理由とは

ビットコインまたは仮想通貨でFX取引を行う場合には、ロールオーバー時のスワップポイントが加算されることを考慮した上で売買取引を行う必要があります。

スワップポイントの割合は仮想通貨取引所によって異なりますが、少ない所であれば0.039%/日、多い場合には0.1%/日です。

例えば100万円分の仮想通貨を借りた際のスワップポイントの割合が0.04%/であれば、1日あたり400円のポイントが発生することになります。0.04%という割合は些細に感じられるかもしれません。

それでも0.04%を年率換算すれば14.6%(0.04%×365)にもなり、一般的な銀行カードローンの金利に匹敵します。0.1%/日であれば36.5%/年となり、消費者金融の2倍の利率に匹敵します。0.01%/日程度であればほんの僅かな差にしか感じられませんが、年率に換算すると3.65%になります。

インターネット銀行の定期預金金利が年率0.01~0.1%であることを考慮すれば、3.65%/年がいかに大きな数字であるかが分かります。そのため、ビットコインでFX投資を行う際は、取引所ごとに定められているスワップポイントの割合についても注意をするようにしましょう。

ビットコインFXでは1日ごとにロールオーバーするため、数日間ポジションを持ち続ける程度でも高額なスワップポイントが発生するため、ビットコインFXを利用する際は短期間でこまめに決済をすると良いでしょう。ビットコインやその他の仮想通貨でFX投資を行う基本は、短期間で取引を行うことです。

スワップポイント以外にも売買取引を行うたびに取引手数料が発生するため、手数料を考慮して取引を行う必要があります。一部の取引所では取引で利益が出たときにだけ、利益分に対して一定の割合の手数料が徴収されるケースもあります。

仮想通貨FXが可能な取引所とは

日本国内では、日本円とビットコインやその他の仮想通貨で信用取引ができる取引所があります。ビットコインやその他の仮想通貨の貸し出しサービスが利用できる取引所には、bitFlyer、coincheck、Btcbox、bitbank、QUOINEX、Zaif、QUOINEX、BITpoint、みんなのビットコインなどがあります。

いずれもビットコインの現物・信用取引が可能ですが、一部の取引所では他の仮想通貨取引も利用できます。最大レパレッジ率はBtcboxが3倍で、QUOINEX・BITpoint・みんなのビットコインが25倍です。スワップポイントが最も低いのがZaifの0.039%/日で、最も高いのがbitbankの0.1%/日です。

Zaifのスワップポイントの割合は国内の取引所の中で最低ですが、利益が出たときのみ利益に対して0.7%分の手数料がかかります。取引所ごとにスワップポイントや最大レパレッジ率が大きく異なるので、ビットコインFXを行う際は取引所を調べてから選択する必要があります。

一部の取引所ではビットコイン以外の仮想通貨でFX取引ができます。Zaifであれば、2017年春以降に急激に値上がりしているMONAやNEMの取引も可能です。他の取引所でもビットコイン以外の仮想通貨取引が可能です。複数の仮想通貨を取り扱っている取引所を利用すれば仮想通貨同士の取引も可能なので、短時間で大きな利益を得ることも可能です。

仮想通貨FXを利用する場合には、最初に取引所に登録を行う必要があります。ほとんどの取引所ではインターネットでアカウント開設手続きが可能です。

信用取引を行う際は、携帯電話番号の登録(SMS認証)と身分証明書類の提出が求められます。身分証明書類の提出方法は運転免許証などを撮影した画像をアップロードすれば良い所がほとんどなので、自宅に居ながら簡単に登録手続きが完結します。

ビットコインを預けて利息をもらう方法とは

一般的に法定通貨であれば利息が存在します。これに対して中央銀行が存在しない仮想通貨には利息が発生しません。一部の取引所では一定期間にわたり手持ちの仮想通貨を預けるとで、利息がもらえる場合があります。

仮想通貨は金やプラチナなどのモノに近い存在なので利息が発生しませんが、信用取引の際に取引所が利用者に貸し出す際のスワップポイントとして利息に相当する「利用料」が発生する場合があります。

日本国内の一部の仮想通貨取引所では、ビットコインを一定期間預けることで利用料として“利息”をもらうことができます。Coincheckでは「貸仮想通貨サービス」を行っていて、一定期間(最短14日~最長365日間)にわたりビットコインを取引所に貸すと、最大で年率5%分の利用料を仮想通貨で受け取ることができます。Coincheckの貸仮想通貨サービスでは、預ける期間ごとに加算される利用料の割合が異なります。

ビットコイン以外でもイーサリアム・リップル・モネロ・ファクトム・オーガも取り扱われています。値上がりを見越して取引を行わずに保管するだけの仮想通貨を貸し出すことで、インターネット銀行の定期預金よりも何十倍も高い利用料を受け取ることができます。取引所が有料で仮想通貨を預かってくれるのは、信用取引の利用者が支払うスワップポイントが存在するからです。

ちなみにCoincheckの貸仮想通貨サービスを利用する方法ですが、Coincheckの口座を開設して貸仮想通貨サービスの申込手続きをすれば誰でも利用できます。眠っている仮想通貨を信用取引に活用してもらえば多くの資金が仮想通貨市場に流入するので、その通貨の取引価格を上げるために貢献することができます。

まとめ

仮想通貨FX投資を行う際は、レンタル料としてのスワップポイントが発生します。スワップポイントは日割り計算で、1日ごとにロールオーバーしてポイントが加算されます。日にちをまたがずに決済をすればスワップポイントを支払う必要がないので、仮想通貨FXは短期間で取引を行う方が有利です。

一部の取引所に手持ちの仮想通貨を貸し出すことができ、「利用料」としてスワップポイントの一部を受け取ることができます。信用取引のための仮想通貨貸し出しサービスにより、本来は利息が発生しない仮想通貨で「利用料」として“利息”付くようになります。

ビットコイン、仮想通貨の健全な育成を「ビットカレンシー」

QUOINEX