仮想通貨取引所

【仮想通貨取引所】2018年:初心者~中級者向けランキング!注意点やデメリットは?比較のポイントは?編集部が厳選

おすすめのビットコイン取引会社の比較する際のポイント

投資手法の中で新しい方法として、仮想通貨投資が注目されています。その仮想通貨で取引が最も活発に行われているのが、仮想通貨の中でも基本といわれているビットコインです。

ビットコインを購入するには、一般的に取引所を利用しますが、どの会社を利用すればいいのか、ビットコイン取り扱い会社も数多くありますので判断が難しいところです。

そこで、ビットコイン取り扱い会社の中で日本語で対応されている大手のビットコイン取り扱い会社でおすすめのビットコイン取り扱い会社の比較する際のポイントをまとめてみます。

初心者向けの仮想通貨取引所の比較のポイント

初心者向けのビットコイン取り扱い会社を比較する上で重要なポイントは次に上げる5つです。

  1. 提供されている取引手法による比較。
  2. レバレッジによる比較。
  3. 取引手数料の高低による比較。
  4. ウォレットのセキュリティによる比較。
  5. 会社の経営基盤の安定性による比較。


以上の観点を理解して初心者向けのビットコイン取り扱い会社を比較・検討・選定をする必要があります。

まずは、ビットコイン販売所の仕組みについて説明します。販売所は会社がビットコインを保有していてビットコインを売買します。

ビットコインの売買価格は相場を判断して販売所が決めます。一方取引所は、ビットコインを買いたい人、売りたい人に取引する場所を提供します。買いたい価格、売りたい価格と数量を提示してそれに相応な人がいると売買が成立します。


そして、理解しておかなくてはならないのが、信用取引についてです。信用取引とは会社から融資を受けてビットコインの取引をすることです。ですから、ウォレットに保有している金額を超えて取引することが可能なのです。

ウォレットに保有している金額の何倍まで取引できるかは会社によって差があります。取引をする際には、取引手数料の他に借り入れ手数料がかかります。


次に、先物取引です。将来の売買について予め現時点で約束をするという取引のことです。売買の対象とするビットコインを買い付けする時点で代金を支払わずに、決められた期日まで支払いが猶予されるという取引です。

ウォレットに保有している金額以上の取引ができるという点では信用取引と同様ですが、信用取引と違って融資という形は取りません。取引所での取引と信用取引はビットコインの相場価格が適用されて価格が決まりますが、先物取引は独自の価格相場によって変動します。

ビットフライヤーやコインチェックが代表的な取引所

ビットコインを初めて扱うという方におすすめのビットコイン取り扱い会社はbitflyerです。bitflyerは大手のビットコイン取り扱い会社の中で資本金が最も多く、また株主として大手企業が数多いので経営基盤の安定性においてはナンバーワンと言えます。

株主には、みずほファイナンシャルグループ、SMBCベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタル、リクルート、第一生命といった大手企業グループが名を連ねています。

なおかつ、ビットコインの取引額やユーザーの数も日本のビットコイン取り扱い会社の中で一番多い取引所です。

サイトを見ても、ビットコイン取引量日本一を標榜しています。セキュリティにおいても非常にしっかりとしていて、提供されている取引手法も取引所での現物取引から信用取引も可能です。

ビットコイン保管中のリスク補填に大手損害保険会社と契約して万全の体制を整えています。ビットコインの取引でやりたいことが基本的にすべてかなう体制が整っています。トレードをする上で重要なチャート画面も大変見やすく、指値注文、逆指値注文などの注文の手法も充実しています。


次におすすめなのは、coincheckです。coincheckは大手のビットコイン取り扱い会社の中で、日本で一番簡単にビットコインを買える取引所と標榜していて、購入までの手順がわかりやすくて簡単です。

2ch(2ちゃんねる)にはどんな口コミがあるかを見てみましょう。

国内ビットコイン取引所、ビットフライヤー
セキュリティ面にかなり力を入れているみたい。
リクルートとGMOの子会社が投資しているので、素性は全く怪しくない!

コインチェックは、登録してSNS認証をすればビットコインを購入できることが特徴です。他の仮想通貨もいろいろと取扱っているので、ビットコイン以外にも仮想通貨投資を体験してみたいという方にはおすすめです。

bitflyeもcoincheckもどちらも純日本企業です。なので、外資系のビットコイン取り扱い会社に比べて、サイト画面がわかりやすいというのも両者のメリットです。ビットコイン初心者の方には、この2社がおすすめのビットコイン取り扱い会社です。また、海外での取引所としては、バイナンスが非常に有名です。登録者数・取引高ともに世界有数の仮想通貨取引所として知られています。

ビットコイン以外のアルトコインの取り扱い会社

仮想通貨には、ビットコインのほかにも多数の通貨が存在します。まずは、ビットコイン以外に、どのような仮想通貨が出回っているのかを紹介します。

仮想通過の中で取引量がトップなのはビットコインですが、他にもイーサリアム、ネム、イーサリアムクラシックなどがあります。

仮想通貨の市場規模は最近1兆円以上に達しています。特にリップルは、三菱東京UFJ銀行など世界の大手6銀行が採用を決定したということで価値が上がり、価格が上昇しました。そこで、日本の50以上の大手銀行がリップルの採用を検討しているというニュースが流れています。

ネムも、全国銀行協会が推進しているプロジェクトにおいて採用されて注目を集めていることもあって、今後の勢いに拍車がかかるのではないかといわれています。また、直近では、イーサリアムも再度価格が高騰してきました。イーサリアムを企業が使用するための組織も結成されていて、80社以上が参画しています。


ビットコインだけでなく他の仮想通貨も保有してみたいという方にはkrakenがおすすめです。この会社は取扱っている仮想通貨の種類が最も多いからです。ビットコインが世に出たばかりの頃からある伝統のある取引所で、世界的な信用やネームバリューもあります。

マウントゴックス事件の際、ユーザーの救済措置に尽力したことでも知られています。しかしながら、krakenは海外の企業なので日本語対応がわかりづらいという点は否定できません。


日本語対応を重視するならば、前述の純日本企業であるcoincheckがおすすめです。coincheckでは、注目度が高い仮想通貨をビットコイン以外に数多く取扱っています。話題性のある注目の仮想通過をいち早く扱いますので、仮想通貨そのものを学べるというメリットもあります。

短期トレーダー向けの仮想通貨取引所

短期トレーダーにおすすめのビットコイン取り扱い会社は、bitbank tradeです。bitbank tradeはレバレッジが高いのは特徴で、20倍のトレードができるのです。それに加えて、追証が発生しないことを標榜しています。

追証とは何かというと、追加証拠金の略称で、信用取引の際に自らが保有している資産を超える損失を出してしまった場合に追加で徴収されることになる金額のことです。レバレッジを高くかけてトレードする場合には、想定以上の損失を出してしまい、借金を余儀なくされることが多々起こってしまいます。

ビットコイン取引は相場の変動が激しく値動きが大きいので、いつの間にか想定を遥かに上回る値動きが起こることも稀ではありません。他のビットコイン取り扱い会社でも強制ロスカットの制度を設けてはいますが、相場が異常に荒れてしまった場合にはロスカットが立ち行かずに追従が発生してしまうことがあるのです。

bitbank tradeでは追証がありませんので、入金した金額以上の損失は発生しません。そこに安心感があります。ビットコインの短期トレードは、1日から数日の間保有するというやり方なので、少しの間目を離した隙に相場が急激に荒れてしまった場合でも最低限の保証は確保できるということが大きなメリットです。


次に、外国為替FXなどの経験を有し、MT4というツールを使用したことがある方限定ですが、BitPointがおすすめの短期トレーダー向けのビットコイン取り扱い会社です。

この会社で提供しているMT4を使用すれば、従来のFX取引と同様の画面と操作方法でビットコインの取引が可能だからです。MT4が使えれば、慣れている方なら自動アラートや自動売買機能も可能になりますので、ビットコイン取引の範囲も広がります。

長期保有者向けの仮想通貨取引所

長期保有者の方におすすめのビットコイン取り扱い会社は、zaifです。zaifは、日本のテックビューロ株式会社によって運営されている会社で、通貨の現物・レバレッジ取引ができるだけの取引所ではなく、他のビットコイン取り扱い会社にはない特徴があります。

それは、ビットコインの積み立て投資ができるというサービスを提供している点です。積み立て投資は、毎月一定の日に自動引き落としでビットコインを購入できるのです。

長期的に積み立てるには最も手間をかけずにローリスクで投資ができる手法といえます。積み立て型のコイン購入やハードウェアウォレットの販売、トークンエコノミーを用いたエンターテイメント的な実験を行うなど、仮想通貨を楽しみながら学ぶことができます。また、zaifでは、現物取引の手数料がマイナス0.01%というサービスがあります。

手数料がマイナスですから、取引時に0.01%安く売買ができてお得になるというわけです。レバレッジをかけることはできませんが、投資がローリスクになることはいうまでもありません。販売通貨も多数取り揃えているという特徴も持ち合わせています。

その他にも、簡単に売買ができる機能、ユーザー間で取引が行えるサービスを提供しています。また、スマートATMという誰でもビットコインやモナコインの対面販売所を運営できるツールも提供していて、在庫を持たずに為替変動リスクなしにすぐに運営を開始することができます。

決済も、ビットコイン、モナココインなどの仮想通貨を円に換金して口座に振り込んでもらうことができます。このような提供するサービスの特徴を持っているzaifは、ローリスクで長期的に運用したいという方には安定、安全性の高いビットコイン取り扱い会社であるということができます。

まとめ

今までの記述をまとめてみます。かつては、ビットコイン取り扱い会社というと海外の取引所しかなく、売買をするのも口座を開設するのも英語のサイトを使用しなければなりませんでした。

近年は、純日本企業のビットコイン取り扱い会社も数多く存在するようになり、日本人が日本語で気軽に購入できる時代になりました。

日本語で売買ができるビットコイン取り扱い会社も、各社それぞれの特徴を打ち出していますので、どの会社を選ぶかは、個人的にどのような投資がしたいかをよく考えて、それに会った選定をすることが大切であるとまとめさせていただきます。