仮想通貨【総合】

ビットコインの仕組みとは?専門家が徹底解説!【完全ガイド】2017年

はじめに

こんにちは!ビットコイン専門WEBマガジン「ビットカレンシー」編集部です。

本日は「ビットコインの仕組み」についてです。

ビットコインのおさらいをすると、

ビットコインはいわゆる「仮想通貨」ことで、日本の円やアメリカのドルのように通貨単位があります。単位はBTC(ビーティーシー)です。

1円や1ドルのように「1ビットコイン」と数えていきますが、「仮想通貨」なので円やドルと違って目に見えたり、手にすることはできません。ビットコインとはどのような仕組みなのでしょうか?

経済産業省が発表している説明によると、以下の通りです。

・経済活動の基盤となる取引相手の信頼性の担保の手段として、これまで様々な
制度や仕組みを構築してきた。ブロックチェーン技術は、これらの仕組みを代替し、
従来の社会システムを大きく変容させる画期的な発明

・具体的には、参加者同士が対等の関係で相互に協力・監視することで、これまで
社会システムを維持するために多大なコストを払って構築してきた中央集権的な
第三者機関(中央機関)を不要とするもの

引用:経済産業省 Blockchainに関する最近の動向 – 経済産業省より

ビットコインの仕組み自体がメリットありそうです。

早速、見ていきましょう!

ビットコインの仕組みとは

ビットコインは、国家単位で運営されている円やドルと同じく、経済活動を円滑に進めるために作られた仮想通貨で、世界中どこにいてもいつでも使えることを目指して作られました。

ビットコインに代表される仮想通貨はインターネットのオンラインゲームの内で使われるような通貨がイメージできます。

円やドルを支払ってゲームの内で使う通貨を手に入れ、その通貨を使ってゲーム内のショップでアイテムを買ったり、売却したりしてまた通貨を得ていきます。インターネットの特定のサイトで使える仮想通貨もあり、そのサイト内のみ有効なものがあります。

ビットコインが使える所ならどこでもアイテムやサービスを購入することが可能です。

円やドルのように手で触れられるような紙幣やコインは存在しませんが、パソコンやスマートフォンをお財布のようにしてアイテムの売買ができるように作られており、円やドル以上に便利で安定していることから、世界中で使える次世代通貨として発展しています。

ビットコインの仕組みで特徴的なこととして、国家や企業が市場に介入しません。例えば、個人間で直接支払えたたり、仲介する機関が存在しないので基本的に手数料は無料です。

銀行送金やクレジットカードでの支払いでは手数料が必要ですが、ビットコインの場合は直接送金システムなので、手数料は不要になったり、時間のかかる手続きや制限がなくなり、お金の流通が自由になります。

国による通貨単位が異なるということもなく、ビットコインを使えば世界中同じ通貨で利用することが可能です。既にヨーロッパやアメリカを中心に使えるショップが増えており、世界中に存在しています。

貨幣に近い仮想通貨

ビットコインを使うと個人間や組織間を問わずに、アイテムやサービスの対価としてお金と同じように支払えます。仮想通貨というだけで一般の通貨と同様に使えるお金の一種です。

一般的な通貨と異なる点は、支払いは電子的に行う必要があります。電子的な決済を行うためにインターネットを使って送金することが簡単にできたり、住んでいる国が違う遠く離れた人や目の前にいる人など、短時間で送金することが可能です。

他の通貨と大きく異なるのは、通貨を管理する中央機関が存在しないことです。紙幣やコインを発行する組織や流通を管理するような組織が存在しません。

この概念が最大の特徴で、ビットコインはコンピューターネットワークを利用して、通貨を管理するシステムになっています。新しい通貨を発行したり、取引の詳細情報はコンピューターネットワークにおいて分散され保存される仕組みで、すべての取引を記録した大きな1つの取引台帳が存在しているようなイメージです。

この可視化されたデータにより、偽造通貨や二重払いなどいろいろなトラブルを防止することが可能です。

すべての取引データは残されますが、その中に個人データは含まれません。記録として流通の整合性を保証するためだけに存在します。

分散されたコンピューターネットワークにおいて、大きな取引台帳を設置することで、中央管理が要らなくなるという仕組みです。

取引におけるデータが分散され保存されていたとすると、取引データに不整合が発生してしまいますが、ビットコインはさまざまな問題やトラブルにおける解決策を生み出したことによって、今日のように広がりを見せています。

ビットコインマイニング(採掘)とは

新規発行にいたるまでの行為を採掘(マイニング)と呼んでおり、お金に変えるビジネスと割りきって、コンピューターの計算を日夜採掘(マイニング)している人たちが世界中に存在し、彼らのお陰で日々ビットコインの安全性が保たれています。

ビットコインは一定の期間毎にすべての取引データを取引台帳に追記していますが、その処理にはネットワークにおいて分散され保存されている取引データと、追記する対象期間に発生した取引データとの整合性を図りながら、正確に記録しなければいけません。

整合性を図る作業はコンピューターによって計算できるのですが莫大な計算が必要となり、分散され保存されている取引台帳のデータや追記する取引データなど、すべてのデータを正確に検証し追記する必要があります。

この追記作業には有志のコンピューターリソースを借りて行っており、余剰のコンピューターの能力を借りながら計算を行い、皆で共有する大きな取引台帳に追記を行う仕組みです。

この追記作業をサポートしてくれた人や追記の処理を成功させた人には、見返りとしてビットコインが支払われる仕組みになっています。

追記作業を手伝い、ビットコインが健全に運用されるように尽力してくれた方への報酬として、ビットコインが支払われる仕組みです。この報酬は新たに発行されるビットコインから支払われ、通貨の新規発行がこの瞬間に起こります。

ビットコインの通貨としての新規発行は、この採掘(マイニング)のタイミングにしか行われないので、ビットコインの今後の発展を信じる人たちは次々と採掘(マイニング)活動、つまり大きな取引台帳の更新に力を注いでいます。

※マイニングについてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめです。

ビットコインウォレットによる管理とは

ビットコインウォレット(ビットコイン専用の財布)という概念があり、円やドルの場合銀行口座にあたるようなもので、ビットコインを利用するす人はウォレットを保有し、そこにビットコインを保管したり決済に利用したりします。

ビットコインの発行総量は事前に決められており、採掘(マイニング)で発行される量も調整されているので、急に発行量が増えてしまいインフレが起こったり、混乱が起こるということはなく、トラブルを避けるような設計になっています。

ビットコインを使う人はウォレットを作成する必要があり、具体的に言うと個人に割り当てられるメールアドレスのようなものです。

実際長い文字列を使ったウォレットIDで表現されていますが、長いウォレットIDでは覚えにくいので、一般的にウォレットIDを短縮したコードを使ったり、スマートフォンで読み取れるQRコードなどに変換しています。

ビットコインを日本国内で入手する方法はいくつかあり、仮想通貨取引所を利用する方法があります。まず取引所において自分の口座を開設し、日本円を入金することによってビットコインを売買できるようになり、最も一般的な方法で簡単な入手方法と言えるでしょう。

売買価格は為替と同じようにレートで決まり、為替と同じように24時間365日値動きしているので、基本的にいつでも行うことが可能です。ビットコイン専用のATMが東京都などに存在するので、気軽に手に入れることが可能です。

ピア・トゥー・ピアは人からもらう方法で、簡単に個人から個人に渡せるようになっているので、身近にビットコインを所有している人がいる場合、相手の人に現金を渡して納得の上で、その日のレートでビットコインに交換してもらうことが可能です。

「ビットコインの仕組みについて」まとめ

ビットコインは仮想通貨のことで、政府や銀行などの中央機関を仲介せずに、コンピューターネットワークにおいて取引が行われるので、仲介手数料が要らなかったり、世界中の誰とでも取引を行うことが可能です。

ビットコインは採掘(マイニング)と呼ばれる手法によって、その安全性が保たれており、仮想通貨取引所で入手することが可能です。

QUOINEX