仮想通貨【総合】

電子マネーとは?専門家が徹底解説!【完全ガイド】2017年

はじめに-電子マネーとは

こんにちは!ビットコイン・仮想通貨専門WEBマガジン「ビットカレンシー」編集部です。

本日は電子マネーについてです。皆さんも普段から利用されているのではないでしょうか?

電子マネーとはその名の通り、電子データとなったお金のことです。

電子マネーは現金をチャージして使う決済手段の一種であり、名称に「マネー」がついていても、現金そのものの代替物ではない。

しかしながら、近年、電子マネーが小額貨幣を代替する影響によって、小額貨幣の流通残高が減少していることも事実である。

引用:電子マネーと現金決済の選択 – 一橋大学経済研究所

電子データですから、クレジットカードなどに記憶させることで現金のように使えたり、これからの時代ではこの電子マネーが活躍することになると言われていて、現金以上に使用されることが多くなるかもしれません。

早速詳しく見ていきましょう!

電子マネーのメリットとは

電子マネーはクレジットカードのよう形で使用出来たりと利便性が良くなるわけですが、こうしたシステムが出来ることで、他のサービスと併用して使われることで付加的につけられるサービスがあります。

例えばポイントシステムなどです。ポイントはデジタルデータである電子マネーとは相性が良く、電子マネーを使えば使った金額に対応してポイントがもらえるというサービスとよく一緒になって提供されることがあります。

どちらもデジタルデータなので、利用時に特に何かをする必要はなく自動的にポイントが付与されるので、これを目的として電子マネーを使う人も大勢います。

あまりにも多くのポイントサービスがあるので、電子マネーを使うと当然ポイントが付くと考えている人もいるかもしれませんが、本来はこのポイントと電子マネーとは全く別のサービスです。

相性がいいので、顧客の囲い込みを狙う企業がこうしたサービスを提供しているようになっているだけです。

企業側にとってもポイントを利用することで固定客を増やしたり、より多くのお金を使ってくれるということになれば、大きな利益を得られるようになるので、こうしたポイントシステムが出来ているわけです。

ポイント以外でも電子マネーには付加的に保険などのサービスがあったりもしますし、割引制度があったりするところもあります。

デジタルデータでの管理が出来るということで、利用者だけでなく、サービスを提供する会社にもいろいろなメリットが出てくることがありますから、調べてみるといろいろなサービスが受けられたりするので、面白いものが見つかるようなことがあるかもしれません。

電子マネーにすると現金のように持ち歩かなくても使えるようになるのがメリットです。クレジットカードのようなものに記憶させて使うことも出来ますし、スマホなどのモバイル端末で利用することも出来るようになります。

デジタルデータでの管理が出来るようになりますから、現金のように数えることも必要はなく、手持ちのお金がいくらなのかがすぐに分かることもメリットといってもいいでしょう。

お財布ケータイというような使い方が出来るようになるのも、この電子マネーのメリットで、決済時にお財布ケータイが使えるところであれば、端末をかざすたけで決済をすることが可能です。

現金のようにお金を数えて出すということは必要なく、簡単に決済を済ませれるのも大きなメリットです。デジタルデータでの管理が出来るので、家計簿のようなものを付ける必要なく自動的に管理が出来るようなことも出来るようになります。

最もこれについては、メリットとデメリットが共存しているようなところもあり、家計簿を目で見て確認することがないので、どんどんと使ってしまうということがあったりもします。

管理がしやすくなることは間違いありませんが、管理その物を放棄してしまうことも出来るということにもなります。

概して、電子マネーにすると使い勝手が良くなることは間違いありませんが、現金のように自分で持ち歩いて管理をするわけではないので、自分で管理をすることになります。

放置をすることも出来るわけで、放置していても物の売り買いが出来るということをメリットとする場合とリスクがあると考えることも出来るわけで、利便性が良くなれば自己管理が必要になるということでもあります。

電子マネーのデメリットとは

電子マネーのデメリットは自己管理が必要となるということです。

これはそれだけ電子マネーが便利なことの裏返しということになるかもしれません。

現金をデジタルデータで管理できるように電子化しているわけですから、お金が増えたわけでも減ったわけでもなく、お金に名前が書いてあるわけでもないので、自分で管理する必要性はあるわけです。

例えば、電子マネーのカードを落としてしまえば、現金を落としてしまったのと同様にお金が無くなってしまいます。

多額のお金をチャージしたカードを紛失すれば現金では無くすことの内容な金額をあっという間に無くしてしまうようなことも考えられるわけです。

チャージというのは現金を電子データとしてカードなどに記憶させることをいいます。そのため、電子マネーではチャージできる額に制限を付けているものもあります。

一万円しか使えないような電子マネーのカードがあるのは、こうした多額の金額をチャージして持ち歩く危険性を考えてのことです。

本来の機能としては電子マネーはいくらでも現金をチャージすることは出来るわけですが、多額の金額になると自己管理が大変になることも考えられるので、こうしたチャージの制限をかけているケースもあるわけです。

これによって電子マネーのデメリットを少し解消しようとしているわけです。

ですが、お財布ケータイのような形やクレジットカードのような形で電子マネーを使用しているときには、こうした制限がない場合もありますから、端末やカードを紛失したり盗難されたりすれば多額のお金を失う可能性もありますから注意が必要です。

便利であるということは管理が必要だということです。

付加的なサービス

電子マネーはクレジットカードのよう形で使用出来たりと利便性が良くなるわけですが、こうしたシステムが出来ることで、他のサービスと併用して使われることで付加的につけられるサービスがあります。例えばポイントシステムなどです。

ポイントはデジタルデータである電子マネーとは相性が良く、電子マネーを使えば使った金額に対応してポイントがもらえるというサービスとよく一緒になって提供されることがあります。

どちらもデジタルデータなので、利用時に特に何かをする必要はなく自動的にポイントが付与されるので、これを目的として電子マネーを使う人も大勢います。

あまりにも多くのポイントサービスがあるので、電子マネーを使うと当然ポイントが付くと考えている人もいるかもしれませんが、本来はこのポイントと電子マネーとは全く別のサービスです。

相性がいいので、顧客の囲い込みを狙う企業がこうしたサービスを提供しているようになっているだけです。

企業側にとってもポイントを利用することで固定客を増やせたり、より多くのお金を使ってくれるということになれば、大きな利益を得られるようになるので、こうしたポイントシステムが出来ているわけです。

ポイント以外でも電子マネーには付加的に保険などのサービスがあったりもしますし、割引制度があったりするところもあります。

デジタルデータでの管理が出来るということで、利用者だけでなく、サービスを提供する会社にもいろいろなメリットが出てくることがありますから、調べてみるといろいろなサービスが受けられたりするので、面白いものが見つかるようなことがあるかもしれません。

使い方と注意点

電子マネーの使い方はカードなどの電子データを読み取る装置にかざすことで決済が出来るようにしてあるものや、端末にカードを差し込んで読み込ませるようなものがあります。

駅の改札口などで使用できるものは、改札でカードなどをかざすことで読み込ませるものですし、コンビニやスーパーなどでもかざすだけで読み込ませるようになっているものが多くなっています。

一昔前はカードリーダーのような装置に差し込んで読み込ませるものが多かったのですが、これは少なくなっています。

クレジットカードのような場合は、読み込ませることは端末にかざすだけで出来るのですが、記入を必要とする場合と必要としない場合があります。

これは、盗難などでクレジットカードが不正に使用されることを防止する目的があるため、記入させることがあるだけで、機能としてはこうした記入無しでも決済は出来るようになってはいます。

上記の通りに電子マネーというのは、それだけ便利なものですが、お金に名前が付いているわけではありませんから、その扱いには注意をする必要があるということです。

クレジットカードでもどんな形でも制限なく使えて、自動的に決済が出来るということは、紛失したり盗難されたりすればどういうことになるのかということは分かるでしょう。

見知らぬ人が制限なくお金を使いだすようなことで悪用されたりする可能性すらあるわけですから、自己管理は厳格にする必要があるわけです。

世の中には悪いことを考える人はいくらでもいますし、そうした人が多いということも現実として考えておく必要があります。電子データになると便利ですが、自己責任が求められることになります。

「電子マネーとは」まとめ

電子マネーというのは、お金をデジタルデータである電子データにしてカードなどに記憶して使えるようにしたもので、自動で決済が出来るようになるなどの計り知れない便利なものとなり、今後もさらに普及していくことが予想されます。

QUOINEX