リップル(XRP)

世界で流通している主な仮想通貨【完全ガイド】最新

はじめに

こんにちは!ビットコイン専門WEBマガジン「ビットカレンシー」編集部です。

本日は仮想通貨についてです。最近ニュースなどでも耳にする言葉ですよね。

仮想通貨は、ビットコインを中心に国内でも普及し始めていますが、全てが同じ目的で作られているわけではありません。それぞれの通貨で利用する手段や目的は異なっており、それがそのまま仮想通貨としての価値として決まる性質を持っています。

では、早速詳しく見ていきましょう!

ビットコインは世界で最も有名な仮想通貨

ビットコインは、世界で最も有名な仮想通貨として流通しています。

現実には存在しない通貨であり、その名前の通り現実世界でこの通貨を手に入れようとしても手に入れることはできません。そもそも、仮想通貨は通貨としての実態が存在しないという特徴があります。

本来、通貨は円やドルのように紙などを媒体として取引が行われますが、仮想通貨はこうした媒体が存在せず、ネット上に存在する概念としての通貨としてそのまま流通しています。

この特殊性は、ビットコインの管理体制そのものを確認すれば一目瞭然でわかります。普通、通貨はそれを発行して誰かが管理しなくてはいけません。

例えば、市場に通貨を流通させて通貨の枚数を操作し、市場の状況を健全な方へ運んでいくのは中央銀行の役割になります。

一方で、ビットコインは通貨そのものを管理する存在がいませんので、ネット上でただ単純に流通しているだけの存在になっています。

円やドルは、管理する国などの信用性からその価値が大きく異なりますが、ビットコインはただ単純にネット上に流通している通貨への需要と供給のみで相場が決まります。仮想通貨は、そのほとんどで最初に決められた発行数から増加することも軽減することもありません。

通貨の枚数が変化しないので、常に仮想通貨であるビットコインの価値は消費者や投資家自身の需要と供給で決定できる大きなメリットがあります。

つまり、消費者や投資家がビットコインを求める限り、必ず仮想通貨はネット上で存在し続けることができるシステムになっています。

こうしたメリットからこの特性を活かして、現実世界で商品やサービスの決済を行おうとする企業や、その通貨で利益をあげる投資家が多く存在しています。

大手の企業も投資する仮想通貨リップル

リップルは、仮想通貨の中でもトップ3に入る人気の通貨です。

大手のIT企業などが出資をしている通貨でもあり、将来性を高く評価されています。ビットコインとリップルの大きな違いは、その通貨の管理と決済の状況です。

ビットコインの目的は、通貨という媒体が存在しない特性を活かして、様々なサービスや商品に仮想通貨を利用することでした。

一方で、リップルというのは元々仮想通貨としての意味合いでそう呼ばれていたわけではなく、より良い決済システムを構築するためにそう呼ばれました。

世界中で急激なネット環境の開発が進んでいく中で、決済のシステムが滞ってしまうと高速な取引ができなくなってしまいます。

そこで、リップルでは仮想通貨ではあるものの、管理体制をきちんと行い、特定の組織がその通貨を流通させて多くの消費者に使いやすいようにしました。通常の決済よりもっと簡易的な決済のシステムを構築することを目的としたのです。

実際に、リップルの発行数はビットコインの数百倍であり、現実世界に流通させて、仮想通貨を利用したより良い決済ができるように目的を果たそうとしています。

ただ、多くの通貨の発行を行うと、それをただ単純に流通させていては需要と供給の関係から価格が暴落してしまいます。

そのため、現実世界の中央銀行の役割を持った企業が、その通貨を管理することによってより安全で使いやすいリップルの市場を構築しようとしています。

実際に、リップルの決済速度は既にビットコインよりも速く、目的に沿ったシステムの構築に成功しています。どの仮想通貨よりも現実世界と近いシステムを目指しているため、注目している企業は非常に多くなってます。

日本発の仮想通貨「モナーコイン」

モナーコインは、珍しい日本発祥の仮想通貨です。

その名前の通り、日本国内の大手の掲示板を発祥として開発されたものです。基本的に、世界中で流通している大手の仮想通貨は海外発祥のモノであるため、仮想通貨として日本国内で流通しているものは希少です。

システムそのものはビットコインなどの他の通貨と同じで、一度流通すると独自のアルゴリズムによって放置していても勝手に仮想通貨としての価値が変動するように出来ています。モナーコインも他の通貨の例に漏れず、通貨の売買に関する匿名性は極めて高いといえます。

通貨を購入した後は、モナーコインが流通しているネット上の管理下になり、その取引内容を知っているのは本人のみになります。

モナーコインには、その通貨を管理しているサーバーというものも存在しませんので、一度購入して流通すると、仮想通貨の取り出しは同じように取引のみによって実現することが可能です。

また、他の通貨と大きく異なるのは、日本語での説明が充実していることと、日本円で購入しやすいようになっていることです。他の大手の仮想通貨は、海外が発祥であるため日本国内で購入するためにはドルを円に直したり、円をドルに直したりと面倒な手続きが必要な事実があります。

例えば、リップルに関しては通貨そのものを購入する取引所はあっても、それを現実的な現金に換金するためには同じ取引所からは換金できないこともあります。

これは、仮に投資をして利益が出た時にすぐに換金したいときには面倒です。特に仮想通貨を日本に特化して開発しているところはほとんどありませんので、国内発祥の通貨というだけでも初心者にはわかりやすいといえます。

ライトコインはビットコインの下位互換

ライトコインは、ビットコインの下位互換としての役割を持っている仮想通貨と考えて間違いありません。

そもそも開発された目的が、ビットコインを金としてライトコインを銀とする目的で開発されたからです。

ライトコインの上位をビットコインと見立てて開発者が作っている仮想通貨であるため、通貨としての基本的な機能はビットコインとほとんど変わりません。ただ、ライトコインにはライトコインだけにしかない特殊な機能も存在します。

例えば、仮想通貨そのものの流通量です。ビットコインは、その希少性や需要の関係から少ない流通量でずっと取引が行われています。

市場に流通する通貨の数が多くなると、需要と供給の関係から必ずその通貨の価値は下がってしまい、通貨としての希少性は薄れてしまいます。

ただ、単純に資産価値としてこうした仮想通貨を持っているのならばこのような考え方で問題ありませんが、現実的に何らかの決済や取引に利用することを考慮すると、リップルのようにある程度の流通量が存在しないと問題が生じることが多くなるのも事実です。そ

こで、ライトコインでは通貨の流通量を多くし、リップルのように高速で取引ができるように工夫をしています。実際に、ライトコインの市場への流通量は8400万枚も存在し、この流通量はビットコインの実に4倍もの数値です。

流通量を多くしてより多くの人が手に入れることができるようにし、決済や取引に使いやすいようにシステムを作っています。

ただ、日本国内でこの通貨を購入することは簡単ではなく、特定の取引所しか扱っていません。そのため購入したい場合には、海外の取引所を使うかそうした特定の取引所を利用するなどの工夫が必要になります。

「世界で流通している主な仮想通貨」まとめ

仮想通貨の価値や目的は千差万別です。流通量が異なるだけで目的は変わりますし、利用する手段も異なってきます。

仮想通貨を利用した大々的な投資を行っている人も多いですが、ビットコインのように現実世界で利用できる機会も増えてきているので、単純なマネーゲームの道具ではないことを理解しておくことです。