【編集部厳選】仮想通貨を徹底的に学ぶ記事5選

「ビットカレンシー編集部」厳選5記事

こんにちは!「ビットカレンシー編集部」です。

本サイトにはいろんな記事がサイト内にあるのですが、どれを読んだらいいか分からないという方のために編集部厳選の記事をピックアップしました。

 

1.ビットコインとは?

ビットコインとは、実際に自分の手元に所持できる物質的な金銭ではない「仮想通貨」です。

コインや通貨と言われる通り、ビットコインは現金と同じように取り扱われます。円やドルといった一般的な他の現金と同じように通貨としての単位も存在しており、ビットコインの場合はBTCという表記によって単位を現しています。

 

2.世界で流通している主な仮想通貨

ビットコインは通貨そのものを管理する存在がいませんので、ネット上でただ単純に流通しているだけの存在になっています。

円やドルは、管理する国などの信用性からその価値が大きく異なりますが、ビットコインはただ単純にネット上に流通している通貨への需要と供給のみで相場が決まります。仮想通貨は、そのほとんどで最初に決められた発行数から増加することも軽減することもありません。

 

3.ビットコインの特徴とは?

ビットコインは世界初の分散型による仮想通貨として2009年1月に運用が開始されました。仮想通貨はクレジットカードや従来型の電子マネーとは異なる特徴を持ち、匿名性や送金手数料が安いなどのメリットがあります。

ビットコインは仮想通貨として法定通貨とは異なる点が多くあります。個人間でコインを受け渡しができ、年々利用者数が増えています。管理者不在でも勝手に取引台帳が偽造されない仕組みになっています。

 

4.ビットコイン決済は拡大するのか?

今回はビットコイン決済が今後拡大していくのかをテーマに解説します。

仮想通貨と電子マネーは「換金できるか」「企業が発行しているか」の違いがあります。「改正資金決済法」では、ビットコインを安全に取引するための法律が制定されています。ビットコインを入手するには「取引所」と「販売所」を利用することが一般的です。

ビットコインのユーザーが増えるほど価格が上昇することや価格が大きく変動することから、投資にも利用されます。
今後のビットコインの課題は使えるお店の拡大や安全性をを強固にすることです。今後ビットコインの決済は拡大していくのでしょうか。

 

5.ビットコインの送金方法、取引方法を専門家が徹底解説!

今回はビットコインの送金(取引)方法について解説します。

ビットコインは銀行預金と同じようにアカウント間で送金をすることができます。

取引の際の手数料は利用者が任意に指定することができ、早く取引を済ませたければ多めに設定する必要があります。ビットコインの取引の際に指定する手数料は送信するコインの数量(金額)ではなくデータ量によって決められ、ビットコインのマイニング報酬としてマイナーに支払われます。

▼もっと深く勉強するには?

仮想通貨、ビットコインに関する総合ページはこちら

仮想通貨に関する基本用語はこちら

QUOINEX