仮想通貨【総合】

【初・中級者向け】仮想通貨取引のメリット・デメリットは?徹底解説!【完全ガイド】

仮想通貨とはなにか

「仮想通貨って何?」

「メリット・デメリットはないの?」

「購入するにはどういう方法があるの?」

など、仮想通貨取引を始めたばかりの方は疑問に思ったことはないでしょうか。

※詳細はこちら【仮想通貨とは】の記事を御覧ください。

仮想通貨の大きな特徴として挙げられるのは、国や銀行に依存したお金ではないという点です。

円やドルといった通常の通貨は国等によって発行され、その価値が保証されています。仮想通貨は特定の国に依存していないため、それぞれの通貨を構築しているシステムへの信頼性によって成り立っていると言えます。以下、3つのポイントです。

・仮想通貨の場合は普及するほどその価値が上がる可能性が高まる側面があり、普及前に確保しておこうという投資家の動きも見られる。

・仮想通貨は、特定の国や銀行が管理しているわけではないため、仕組みづくりさえできるのであれば誰でも作成することができる。それゆえ、詐欺のような仮想通貨もある。

・最も一般的な購入方法は仮想通貨の取引所を利用して購入するやり方

 

メリットはなにか?

新しい投資方法としても注目を集めてる仮想通貨ですが、どのような点にメリットがあるのでしょうか?

1つは最近出てきた投資方法であるため、大きな価値の上昇が見込める点です。

仮想通貨として良く知られているビットコインの過去の値動きを見ていると、時期によって10倍以上価値が跳ね上がったこともあります。

大きく下がる場合も当然ありますが、かなりの利益を上げる可能性もあります。なので、投機的な要素があるという点も否定できません。

ほかのメリットとしては発行上限が存在していない通貨もあるため、投資対象の通貨が普及していくことで、その価値の上昇が見込めることです。

一般的な通貨であれば、国家等がインフレを防ぐために発行上限を決めて通貨の価値を保っています。しかし、仮想通貨の場合は普及するほどその価値が上がる可能性が高まる側面があり、普及前に確保しておこうという投資家の動きも見られます。

また値動きが激しいことも、投資対象として選ばれる利点となっていて、最も知名度の高いビットコインですら、1日で1000円以上価値が変わることもあります。

ビットコインは、仮想通貨が世の中に知られるきっかけとなった通貨で、ある人物が論文を発表し、システムが開発されることで出来上がりました。

通貨とは言えないという声も存在していますが、インターネットを使った暗号化等の技術によって通貨としての安全性を保っています。ただ、ボラタリティも高い点はネックです。例えば、今日1ビットコインを100万円で買ったとしても、翌日に1ビットコインが80万円になっている可能性も十分あります。日本円ではなかなか考えられないですよね。

投資以外のメリットとしては、銀行を媒介にせずに、個人間での取引が可能であること挙げられます。また、銀行を利用しないため手数料が無料もしくはほとんど発生しません。面倒な手続きや制限が少ないという部分も、魅力の1つと言えるでしょう。

仮想通貨取引を利用するデメリット

仮想通貨は、インターネットを使った技術開発が進み、近年になって出現した通貨です。そのため、問題になるケースも多く、通貨として利用する場合にはデメリットについても知っておかなければなりません。

デメリットとしてまず考えられるのは、詐欺通貨が無数に作られているという点です。仮想通貨は、特定の国や銀行が管理しているわけではないため、仕組みづくりさえできるのであれば誰でも作成することが可能です。

投資を煽るためにだけ作って、詐欺をするといった方法に使用することもできるので、どの通貨を使うかは利用者側が個人の責任で判断する必要があります。また、仮想通貨は基本的に、ウォレットと呼ばれるインターネット上の財布を使って通貨の管理を行います。

このウォレットは、扱う通貨やその機能を付与する取引所によって扱いに微妙な違いがあったり、場合によっては消失することもあり得るので、その部分について知識を持っておかなければいけません。

ビットコインは仮想通貨の中でも安全性が高いと言われていますが、システムを破られた前例がないだけで、その可能性については完全にないとは言えないでしょう。

仮想通貨の取引所に関しても、株の取引所のように法的な基準を満たした所が管理しているわけではないので、場所によっては潰れてしまう可能性が高い所も存在しています。

現状紛失した仮想通貨について保証するような法律は存在しないため、自分自身でどう判断するかが非常に大切です。

法律や税金面での扱いについても曖昧な部分がいくつかあるため、不透明な点があることについては認識しておく必要があります。取引の際は、お互いが同じ仮想通貨を扱える状態でないといけないことも踏まえておきましょう。

種類や購入方法は?

仮想通貨はビットコインのような有名な通貨のほかにもたくさんの種類が出回っています。

1000種類以上の通貨が存在していて、取引可能なものであれば投資の対象としていくつも選ぶことが可能です。また、たくさんの通貨が作成されたことで、さらに種類分けがされるようになっています。

ビットコインのように、通常の通貨と同じような機能のみ持っているものは仮想通貨1.0と呼ばれることがあります。

利便性や性能についてはそれぞれ違いがありますが、通貨としてのみ使用できるものに対して使われる言葉です。それに対して、通貨以外の機能を持ったものを仮想通貨2.0と呼ぶことがあります。

より新しく作られたものに見られる特徴で、通貨としての機能を持つほかに、別の価値が付与されています。例えば通貨の取引履歴を管理するだけでなく、その中に契約情報も盛り込める通貨のことを指します。

取引のための条件を含める仕組みになっているので、例を挙げると、定められた期間内であれば安いレートで取引をするといったことが可能になります

実際に通貨を購入する方法ですが、最も一般的なのは取引所を利用して購入するやり方です。投資目的であれば、自分が買いたいと考えた通貨を取り扱っている取引所を探し、専用の口座を開設することになるでしょう。

未公開の通貨を安く買った後に、その通貨の取引が開始され順調に値上がりが起きれば、高い利益率を出せます。ただ、情報が出回りづらいため、自分自身で定期的に集めなければいけません。またICOなどでは詐欺的な通貨も多くあります。今後法律が整備されるに伴い、より健全な仮想通貨が流通されることが求められています。

「仮想通貨とは」まとめ

仮想通貨は法定通貨のように国のような主体が存在しないため、制限が少ないというメリットがある反面、安全性や通貨としての問題点もあります。

利用する場合は自己責任になる部分も多く、それぞれの仮想通貨の特徴を把握して将来性とのバランスを考えた上で、投資等をしていくことが求められます。