未分類

【解説】JADA:ジェイダとは「一般社団法人日本価値記録事業者協会」について

JADA:ジェイダとは「一般社団法人日本価値記録事業者協会」のことです。Japan Authority of Digital Assets略で、JADAです。2016年4月15日、「一般社団法人日本ブロックチェーン協会」に改組、改名されました。英語名はJapan Blockchain Associationで、JBAと略されます。

JADAは、ビットコインをはじめとする仮想通貨の価値記録が健全に保持されることなどを目的として設立されました。「価値記録」とは、価値を持つ電磁的記録のことを意味します。この価値記録は「物」でも「通貨」でもないため、ほとんどの国ではこれを管理する法律が存在しないか、きわめて不十分です。日本でも、預り金を規制する「出資法」や為替取引に関わる「銀行法」、また資金決済法でも、犯罪収益移転防止法でも、価値記録はその対象外となります。

そのような価値記録の健全な取引環境を創造し、維持するすることを目的として活動しているのが、かつてのJADAそして現在のJBAです。仮想通貨の価値記録交換所および販売所のガイドラインの作成、およびその監査を行っています。また、経済産業省や金融庁をはじめとする関係省庁や、全国銀行協会などの関係団体との連携および意見交換なども行っています。

<外部リンク>

一般社団法人日本価値記録事業者協会

 

QUOINEX