未分類

【解説】Coin Age(コインエイジ)とは

Coin Age(コインエイジ)とは、コインの保有年数をあらわしています。コインの取引や採掘の際に優先度として用いられ、Coin Ageの値が大きいほど、取引が優先的に認証されます。計算方法は、仮想通貨の保有数量と保有期間を掛け合わせて求めます。例えば10BTC(ビットコイン)を10日間保有していた場合は10×10=100BTC/日のCoin Ageを保有していることになります。


Coin Ageが採掘の優先度に用いられるプルーフ・オブ・ステークという考えでは、Coin Ageの値が大きい参加者ほど、たくさんのビットコインを採掘できる仕組みになっています。その理由は、従来のプルーフ・オブ・ワークでは、特定の個人やグループの演算能力が全演算能力の51パーセントを超えた時に不正操作される可能性があるからです。

デメリットとしては、ビットコインの保有量が多いほど、多くの権限が得られるため、ビットコインの流通が悪くなってしまうことが考えられます。そのため、最初はプルーフ・オブ・ワークでビットコインを流通させて、十分に流通した後はプルーフ・オブ・ステークに移行することで欠点を欠点を補っていますところもあります。

QUOINEX