未分類

【解説】BTC(ビーティーシー)とは

BTC(ビーティーシー)とは、ビットコインの通貨単位のことです。実際の通貨でも、たとえば日本円はJPY、米ドルはUSD、ユーロはEURなどの通貨記号で表され、「1米ドルが100円である」という意味で「1USD=100JPY」といったように表記されますが、ビットコインをはじめとする仮想通貨においても、これと同じことが行われています。2017年6月現在の相場では、1ビットコイン(1BTC)は30万円前後で取引されています。これが30万円ちょうどであれば、1BTC=300,000JPNと表記されます。

ここ数年、ビットコインの相場は急激に上昇しており、BTCという単位では大きくて利用しづらいという事態になっています。たとえば、300円の支払いをビットコインで行うにあたっては、前述のレートに従うと、0.001BTCのようになってしまいます。これを補うために登場するのが、補助通貨の概念です。米ドル(USD)の100分の1に相当する「セント」のようなものです。BTCの1,000分の1に相当するmBTC(ミリ・ビットコイン)、および10万分の1に相当するμBTC(マイクロ・ビットコイン)があります。この補助通貨を利用すれば、300円が1mBTCとなるので、「1mBTC=300JPY」のように利用しやすくなります。

QUOINEX