未分類

【解説】51%攻撃とは

51%攻撃とは悪質な個人かもしくは集団が意図的にネットワーク全ての採掘速度を50%以上を手に入れ、不正な取引をすることです。採掘速度を一定以上操ることで二重支払いが使用することができるようになります。このため二重支払い攻撃と呼ばれることがあります。

何故このようなことができるかと言うと、ブロックチェーン中の取引では最長のブロックチェーン中の取引が正確な取引として、見られるビットコインの特性を生かしたものです。なので悪質な者が全世界中の採掘者の採掘速度を上回った場合、悪質な者が行った取引が不正ではなく正確なもとしてビットコインに捉えられてしまいます。

採掘速度いうものは50%以上を手に入れるには高いコストが発生するものです。なので一般的な考えでは、実現するのは困難と言われています。このためビットコインにおいてはそれほど51%攻撃に対して警戒はしないでも大丈夫と思う人も中にはいました。ただしビットコインでは採掘速度が50%以上になることがありました。このためビットコインの値は低下しました。ちなみに参加者が少ない暗号通貨ほど全体における採掘速度は少ないです。なので51%攻撃に晒される可能性は高いです。

QUOINEX