未分類

【解説】電子署名とは、電子データで本人確認が出来るもの

電子署名とは、電子データで本人確認が出来るものです。書面におけるハンコのようなものと考えるとわかりやすいでしょう。ただ、書面のハンコと違うところは電子データによって本人確認をするようになっているということです。この電子署名にはいろいろな方法がありますが、わかりすいものでは実際のハンコのようなものが電子データに押印されるような方法があります。この電子データのハンコを押すためには、指認証システムなどを使って本人でなければ、その電子ハンコを押せなくなるシステムが使われることで、これによって本人しか使用できないシステムとなっているものです。

この方法であれば、本人に成り代わってハンコを押すようなことが出来にくいので、かなりセキュリティ対策としてもレベルが上がっていることになります。ただ、どんな認証システムを作っても完全に100%の安全を確立するということは出来ませんから、どこかに抜け道というものは存在することになってはいます。電子署名だから100%の安全性があるというわけではありませんが、システムによってはかなり高い安全性を確保することも出来るようになってもいます。もちろん利便性がいいことは間違いありません。