ビットコイン(BTC)

結局、ビットコインは儲かるの?

はじめに

ビットコインは儲かるのかどうか、それについては現段階では過渡期にあるといえるでしょう。ネットの世界では支払にビットコインが使えますが、現実の世界では一部のお店でしかまだ使うことができません。

ビットコインで儲かるには、値動きの変動を見ながら儲けるとよいでしょう。安い時期に購入し、値動きが高くなったら、値動きの高い時期に売ることによって利益を得ることができます。

ビットコインの採掘で儲かる方法もありますが、採掘は素人が行うには難しすぎるという問題もあります。
よほどコンピューターシステムに詳しい方でなければ採掘は難しいでしょう。

世界中の通貨に換金できるメリット

仮想通貨ビットコインはテレビのニュースなどでも一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
なんとなく仮想通貨であることや、ネット上でやり取りすることが出来る通貨だというものだということは、認識されている方も多いことでしょう。
現実の世界でも、クレジットカードによる決済の場合は、専用の特殊な機械が必要なのですが、ビットコインの場合、タブレットでアプリをダウンロードするだけで使うことが出来るため、飲食店や雑貨屋などの現実の世界にあるお店でも導入していれば、買い物の代金として使用することができます。
ビットコインの良いところは、世界中の通貨に換金することができるということと、送金スピードが早いということです。また送金手数料もごくわずかで0.0001ビットコインという場合もあれば、送金手数料は無料という場合もあります。
日本の場合、金融経済が比較的安定していますので、預金が封鎖してしまうことは、現実の世界では起こりえないことですが、世界では、金融経済が不安定な国では、突然、政治や財務状況が不安定となり、銀行の預金が封鎖されてしまうこともあります。
しかしビットコインの場合、こうした金融経済が不安定になったとしても、ビットコインの価値は失われないため、自分の資産を守ることが出来たり、金融経済が不安定な国にいる家族へビットコインを送金することができるため、経済危機に直面している自分の家族を守ることができるというメリットもあります。
ビットコインはこれからはもっと世界に定着する仮想通貨になっていくことでしょう。
現段階では、現実の世界で使用できるお店はごくわずかしかありませんが将来性のある仮想通貨ですので、ネットの世界だけで通用するものではなく、現実の世界でも日常的に使用される機会も増えていくことでしょう。

投資の対象として使用されることも

ビットコインが投資の対象として使用されるケースもあります。ネットの世界で繋がっている人達のみが使用することができる参加型の仮想通貨であり、参加者がお互いに管理するため民主的な通貨だと言われる場合もあります。
ビットコインが何故投資の対象として使用されるのか、その理由は、値動きが激しいという特徴があるからです。
またあらかじめ発行量の上限が定まっており、有限で希少価値が高いため、デジタルゴールドとも呼ばれています。
何故ビットコインの価値が上がったり、下がったりするのか、その理由は、株のように売りたい人と買いたい人がおり、その関係で価値が上下するのです。
ビットコインの価値が高い時に、取引所で一番儲かる国の通貨に換金すればビットコインによるデイトレードも可能でしょう。
一般的に株など証券会社での取引を行った場合には、手数料や税金面でかなり引かれてしまうため、場合によっては取引をすることで損をしてしまうこともありますが、ビットコインの場合、手数料はほんのわずかであったり、また無料という場合もありますので、純粋に高い利益分を手にすることができるため、うまくやればかなり儲かるのではないでしょうか。
価値の変動が大きな仮想通貨、ビッドコインは投資をすればうまく儲かることもできますが、その逆にタイミングを間違えてしまうと大損してしまうリスクもあります。
すべては自己責任で投資を行わなければならないでしょう。
またビットコイン投資で儲けようとする人々をターゲットにした詐欺などもありますので、こうした詐欺に引っかからないようにする必要もあります。
ビットコインで儲かるには、やはり確かな情報を得て、正確な判断を失わないことが重要でしょう。

儲かる投資の秘訣はタイミングと時期

ビットコイン投資で儲かる秘訣は、値動きを常にチェックし続けることが大切です。
まずは安くなったときに購入し、高くなった頃に売るという単純な方法ですので、株の相場とは違い、単純で誰でも儲かるチャンスがあるといえるのではないでしょうか。
タイミングを誤ってしまうと損をしてしまうリスクがありますので、注意しましょう。
一年中休みなく24時間、常に取引をすることができますので、世界中にはビットコインの投資家が存在しています。
中には最初は200万円程度をすべてビットコインの購入金に当て、デイトレードを繰り返し、数億円稼ぎ出すことに成功したビットコイン億万長者も世界にいるほどです。
またビットコインは発行量の上限がありますので、希少価値もあります。長期間、持っていれば希少価値が上がり、購入時よりもさらに高く売ることができる可能性も秘めていますので、将来的に価値が失われなければ、数年後に大金化ける可能性もあるのではないでしょうか。
しかしデメリットも、もちろんあります。
ビットコインは、法律による取り締まりなども現段階ではありませんので、ビットコインそのものがなくなってしまうリスクも考えなければなりません。
そもそもビットコインを管理している組織もなく、責任者もいませんので、誰も責任を取ってくれないのです。
ビットコイン財団という非営利団体は存在しますが、ここでも責任を取ってくれるわけでもありません。
ビットコインで成功を収めるためには時期とタイミングが必要でしょう。一部の億万超えのビットコイン長者は、早い段階で投資を開始したため、大儲けに成功したに過ぎないのです。
これから儲けようと考える方は、やはり慎重にタイミングを見ながら行う必要があるでしょう。

採掘で儲ける方法もありますが素人には難しいかも

ビットコインの採掘で儲ける方法もあります。
採掘は金塊を採掘するという意味がありますが、ビットコインの世界では採掘は違う意味で使われます。
仮想通貨での取引では管理をする人がいないため、通貨の取引が適正に行われているかどうかを承認する作業を行わなければなりません。この承認作業は採掘作業といわれており、承認作業を行うことによってビットコインをもらうことができるのです。
ただこの採掘作業は誰でもが簡単にできるわけではありません。
難解な数学の世界の難問を解くことができなければ採掘することができないからです。
また採掘をするための専用のソフトもあるのですが、個人の持っているパソコンで行うには、労力も時間も効率が悪く、結局は設けることができません。
そのため採掘は1人の力で行うソロマイニングと複数の人で構成されるグループで行うプールマイニングがあります。プールマイニングであれば、採掘できる可能性も高まるため、プールマイニングで行った方が儲かることでしょう。
また採掘は、ある意味宝探しや宝くじのようなものです。10分ごとに送金取引を承認することによって1人だけが承認作業をすることができるチャンスを得ることができるのですが、当たりを引くためには、宝くじを当てるための途方もない計算をしなければなりません。
専用のソフトがあるといっても、その専用のソフトが必ずしも正解を導き出してくれるわけではありません。
また採掘に成功している人は、採掘のための特化コンピューターチップを何百も持っており、高速で数式を解くことができ、世界中で1人の権利を得ることができるという仕組みなのです。
日本でたくさんのコンピューターを部屋に並べた状態で行うと、日本は電気代がかかるため電気代の方が高くつき結局のところ赤字になってしまうことでしょう。

結局のところ自分で購入し高値で売るのが一番儲かる

ビットコインで儲けるためには、採掘はやめておいた方がよいでしょう。
採掘は時間も労力も電気代もかかる割には、宝くじを当てるよりも難しい作業です。
10分毎に採掘成功者が存在するのですが、やはり無駄な作業だといえるでしょう。
また家庭用のパソコンやスマホなどのネットワークを利用して採掘作業をするには、計算能力があまりにも低すぎるため、到底不可能です。
確実に儲けるためには、ビットコインを一番安い時に購入し、値動きが出て高くなった時期に売りに出すのが一番、儲かる方法だといえるでしょう。
億万長者になるためには、最初にビットコインを買うための購入資金が必要になります。
実際に億万長者となった成功者の多くが、元手金を200万円用意して始めているようです。
もちろん少額からでも始められるのかもしれませんが、ビットコインが少ないほど、利益率もすくなくなるため、短期間に儲けようと思うのであれば、最低限の資金は用意して始められた方がよいでしょう。
またリスクも自分で覚悟しなければなりません。仮想通貨で通じるコインですが、値動きはやはり仮想の世界だけのものでもありません。仮想通貨を動かしているのは、現実世界を生きている人達です。世界情勢や経済情勢にも全く無影響であるという保証はどこにもありません。リスクを感じたら、潔く退くことも大切でしょう。またいつか仮想通貨は破たんの危機を迎えることもあるかもしれません。
ビットコインが出始めた当初は多額の富を得ることができましたが、あらかじめ上限量が決められている仮想通貨であることを肝に銘じておかなければなりません。そのため、これからは最初に比べると利益分はどんどん減っていくと考えなければならないでしょう。また逆に儲けるには今が最後のチャンスにあるということにもなります。

まとめ

ネット上の仮想通貨、ビットコインは現在、過渡期にあります。出始めた当初は大儲けすることができましたが、徐々に利益分が減っていくと考えた方がよいでしょう。採掘作業で儲けるには、個人のレベルでは到底不可能ですので、自分で購入し、値動きが高くなった時に売るのが一番儲かることでしょう。上限量が決められており、徐々に手にできる利益分も減っていくため、儲けようと思うのであれば、今が最後のチャンスだといえるでしょう。

QUOINEX