仮想通貨【総合】

日本と世界のビットコイン事情

はじめに

ビットコイン(bitcoin)は世界的に知られている仮想通貨で、暗号通貨として暗号理論に基づいて取引に於ける安全性確保が行われています。日本国内での認識も高くなりつつある仮想通貨です。

世界的に取引が行われているビットコインですが、その事情は国で異なることが明らかになっています。特に中国では発展しており、独自の考えを持ち始めているといわれています。

日本での認識はそれほど高くないビットコインは、中国では流行を博しています。それでは、ビットコインの事情を日本と世界に分けて比較していきましょう。

予測されている日本の事情

まずは日本のビットコイン事情についてですが、2017年現在は仮想通貨バブルと呼ばれる現象が起きていることが予測されています。あくまで予測の段階になりますが、日本で起きた出来事がコインの値動きに関係していることが考えられており、ゴールデンウィークを過ぎた辺りで明らかにされた情報ではアルトコインバブルの原動力になったのは日本人といわれています。

ただ、このような日本のビットコイン事情は世界にあまり知られていないようです。知られていない理由は日本取引所に実績の反映が行われていない段階であるからとされ、実際に日本人による影響がどれほどのものなのかや仮想通貨バブルの実態については明確にされていません。世界的にも、日本のビットコイン事情説には疑いを抱いている人も少なくないとされます。

日本のビットコイン取引で動きが起きていることは確かですが、まだ安定していない状態にあるようです。史上最高値も比較的に高いわけではなく、日本国内でのビットコインスケール問題のこともあります。価格に目が行きがちですが、日本はビットコインに関するインフラやサービスのことを考える必要があるといった指摘もされています。

実際にビットコインの取引を行っている日本人トレーダーや業界関係者は日本でのビットコイン事情を十分に理解して動きを考えているようですが、世界にはよく知られていない現状という不確かな現実はあります。海外の人が書いた記事で日本のビットコイン事情について取り上げられているものがいくつか存在しますが、日本語で書かれているわけではないためどのような評価や予測が世界からされているのかはハッキリと言えないこともあるようです。

各国で異なるビットコインの取り扱い

世界的にはビットコインに対して規則が定められており、国又は地域によって自由・禁止・制限付きと扱いには差があります。基本的には自由にしている地域が多く、日本・アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア・スイス・デンマーク・ベルギー・ポーランド・トルコ・ノルウェー・フィンランド・ドイツ・ブラジル・マレーシア・シンガポール・フィリピン・ベトナム・スロベニア・リトアニア・イスラエル・韓国などでは自由と定められています。

制限がある地域は、ロシア・インド・ヨルダン・レバノン・コロンビア・インドネシア・タイ・台湾・中国(本土)などです。中国は本土では制限付きで取引が可能となっていますが、香港では自由に取引が行えます。ビットコイン取引が禁止されている地域はアイスランドなどで、2008年以降続く資本調整を理由にビットコイン取引(売買)が法律違反として禁止されています。

自由としている国又は地域では、世界的な仮想通貨として経済の進歩に活用できることが期待されているためビットコイン市場を発展させる取り組みが行われているところもあります。ビットコイン取引量世界1位の中国では本土に限り制限付き取引と定められていますが、これからの発展は大きなものになることが世界的に予測されています。

制限付きの国や地域では、制限を付けている理由が似ています。その理由というのは、ビットコインに対する信用性が確実になっていないことと犯罪が増える可能性です。インドではビットコイン取引に耽り過ぎないことが言われており、この言葉から多くの業務停止を行うビットコイン業者が増加したとされます。犯罪の増加は、ビットコインを使った詐欺や情報漏洩の危険性が考えられることからいわれています。

独自の進歩を遂げる可能性がある中国

ビットコインの取引を最も多く行っている国は中国ですが、経済大国としても知られる中国ではビットコインを応用した発展の取り組みが積極的に行われようとしていることが考えられています。日本ではビットコイン事情が不確かである上に消失する噂まで飛び交っていますが、中国では日本とは逆に急激な流行となる可能性が高いとされます。

2015年からビットコインの取引数が増加して中国には世界率で9割もの市場が存在していましたが、取引手数料徴収や一部業務停止の動きを三大取引所が行い始めたことで2017年になると市場規模が小さくなる方向へと傾きました。人民元建ての価格にも影響が出たことから市場に混乱が起き、世界的なビットコイン取引市場にも影響を与えたとされています。

2015年の加速から2017年の下落で、これからも発展を遂げる予測がされている理由は何でしょうか。明確となっている理由は、ビットコインという名称ではないがデジタル通貨の発行を考えていることが発表されていることにあります。

中国政府は仮想通貨への意識が比較的に強い様子で、ビットコインを応用した暗号通貨及び仮想通貨を作り出すことに熱を注いでいるといわれています。2014年から専門チームによる研究が行われ、メカニズムの知識と技術を得る取り組みがされているようです。

一時的にビットコイン使用の禁止をするといった警告が2013年にされていますが、2014年から専門チームによる研究が行われているため仮想通貨を使用した世界的な経済戦略が考えられていることがビットコインの取引を行っている人たちや業界関係者の中で話題となっています。ビットコイン取引を行う人にとって中国事情が停止することは悪影響になるため、中国から日本の市場に逃げ込んだ中国資本家によって日本の取引所の価値が上がったともいわれています。

中国は他の国と比較して仮想通貨への意識が強い

主体の一つとして取り扱うことを考えている国は数少なく、実際に共存の声明を行った国は中国だけです。かつては世界9割の取引所を締めた中国は国外共にビットコインの影響力を強く与える国であり、仮想通貨を使用して経済を動かす考えを持つのは当然のことと言えます。ただ、ビットコインでは様々な事情から下落の予測もされてるため、別の仮想通貨を新たに発行するで実践的な価値を見出しているようです。

仮想通貨では無く実物として存在している従来の通貨よりも仮想通貨は循環が用意であり、実物の通貨の流通量が減ることで犯罪を減らせると考えられています。他に、利便性向上・経済の動きが把握しやすくなる・脱税防止などの意図もあります。犯罪が減るといった見込みは取引に対して制限を付けている国とは真逆の考えで、実際に犯罪数がどのように変化していくのかは分かりませんが、セキュリティ上の問題などをしっかり把握してビットコイン取引に対し信用性を持っている中国だからこそ犯罪が減る見込みになったと考えられます。

日本ではビットコインを使用した犯罪が発生しているため、考え方が見直されつつあります。消失する可能性もありますが、消失にまで至らなくても制限が付けられるようになるかもしれません。中国では従来の実物通貨である元よりも仮想通貨の方が安全だとされていますが、安全性に関しては国で差が現れています。

元は正確には人民元と言いますが、人民元はグローバル化を目指して推進した結果として上昇傾向にあります。ただ、規制が存在していることから個人の場合は中国以外の国に投資を始めるのは難しい現実となっています。そのようなこともあって、ビットコインを使用する人が多くなっているようです。

ビットコインへの考えは国で大きく違う

中国では仮想通貨及びデジタル通貨を経済のために取り入れる方向に進んでいますが、世界的にはそれほど進められていないため仮想通貨に於ける中国の発展は今後も注目され続けることでしょう。仮想通貨の良さは経済的な利便性が高くなることが最もですが、経済の動きに透明感が増すこともあります。実物としての通貨流通が抑えられることで犯罪が減り、利便性と動きの透明感が高くなることが中国政府側の考えです。

日本は2014年3月に閣議決定され、貨幣機能として金融庁が認めたことで法改正が行われて民間銀行で取り扱えることになりました。また、取り扱いと共に類似した機能性と管理性を持つ独自通貨を発行することができる法律になっています。積極的な取り組みは明確には確認できませんが、中国から逃げ込んだ中国資本家や日本での出来事などの影響もあって市場価値は上がりつつあるようです。今後どのように見直されていくのか、どのように変化していくのかは注目するべき点とされています。

世界的には貨幣として認めている国もあれば認めていない国もあり、ただ存在しているだけで規制はされていない国や地域もあります。仮想通貨に対する考え方や意識の程度は国で異なり、意識が高い国では発展させる取り組みが行われています。意識の程度が低い可能性がある国では貨幣として認めていないが規制もかけていない、とても自由な印象です。

世界的に使用できる仮想通貨であることから、経済の発展を図り取り入れた国もあります。ただ、中国以外の国は安全性や信用性について疑問な点もあるようで、取り入れたが規制をかけたり業者を減らしたりといったことも起きています。日本も含めて、世界的に違った
動き・考え方・意識が見られます。

まとめ

日本と世界のビットコイン事情を比較しましたが、国や地域によって法的な定めから扱い方まで異なることが明らかになりました。中国はビットコイン市場トップクラスであった実績から仮想通貨への思いが強いために、新たな仮想通貨発行でより良い経済取引を考えています。日本では自由な取引が行える上に市場価値が上昇傾向ですが、不明確な点は少なくありません。他の国では禁止にしたり制限付きにするなどを行い、国の傾向や決定権のある人物の考え方で左右されているようです。