未分類

【解説】仮想通貨における採掘速度(ハッシュレート)とは

採掘速度(ハッシュレート)とはビットコインの採掘に使用されるマシンの計算力を測定する単位です。一秒間に何回ハッシュの計算ができるかを表し、表記にはhash/sという単位が使用されます。K(キロ)M(メガ)G(ギガ)T(テラ)といった単位と組み合わせて使用され、MHsなどと省略されて表記されることもあります。例えば10TH/sというハッシュレートは1秒間に10兆回ハッシュを計算できるということになります。

採掘速度と採掘難易度を基に採掘量が計算でき、採掘を行う際に使用するデバイスによってハッシュレートがおおよそ決まっているため、採掘に使用する機材を選定する際の一つの指標として利用されます。

ビットコインの採掘は10分間に1回出される問題の答えを計算するという作業で、先着1名の回答者にのみ報酬として新たなビットコインが付与されるという仕組みになっているため、採掘速度の速いマシンを使用するほど採掘できる可能性が高まることになります。現在では膨大な計算を瞬時にこなせるよう、工場などの広大な敷地に冷却設備を作り、計算能力に特化したマシンを何台も繫げたマシンを用意できる資金力の豊富な企業が採掘者の大半を占めます。

QUOINEX