未分類

【解説】孤立ブロック(オーファンブロック)について

ビットコインでは取引の履歴(ブロック)をチェーンのようにつないでいく仕組みになっていて、このチェーンをつなぐ作業のことを採掘(マイニング)といいます。ブロックはマイニングの最小単位で、マイニングを行うことで新しいブロックが生まれ、チェーンの一番後ろにつながれます。

しかし、複数の人間がマイニングを行う場合、別々のブロックが生成されてそれぞれ追加されることがあります。この場合、チェーンは枝分かれしますが、一方のチェーンがメインチェーンとして引き続きブロックがつながれていき正当なブロックとしてみなされ、もう一方は孤立します。孤立ブロック(オーファンブロック)とは、この孤立してしまったブロックのことをいいます。また、取引を反転させるための攻撃によって発生することもあります。

マイニングにおいては、報酬として採掘者にビットコインが与えられるのですが、この孤立ブロックに入ってしまったものについては、どのような扱いになるのでしょうか。孤立ブロックであっても、悪意なく作られてしまったものに対しては、結果的にはビットコインが与えられるので心配はいりません。ただし、コインがメインチェーンにあるかを確認して使用する必要があります。

QUOINEX