未分類

【解説】公開鍵とはインターネットで情報をやり取りする際に用いられるセキュリティ対策の一つ

公開鍵とはインターネットで情報をやり取りする際に用いられるセキュリティ対策の一つで、世間に公開される鍵のことです。ネット上では情報のやり取りをする際に他人に情報を見られないようにするためにこの鍵の中に情報を入れて相手に送信するということをします。相手は秘密鍵という別のこの鍵を開けるための専用の鍵を持っているので、その人だけがこの情報を開けることが出来るというシステムになっているというわけです。

ビットコインの取引をするときには、この公開鍵と秘密鍵を使用するシステムが使用されるので、このことは知っておいた方がいいでしょう。要は秘密鍵というものがキーになるものなので、これが人に知られるとその人に情報を盗まれる可能性が出てくるということになります。

いってみれば、秘密鍵が個人を特定するキーになるもので、公開鍵は情報を南京錠のようなもので鍵をかけて秘密鍵でないと開かないようにするようなものだと考えるとわかりやすいでしょう。秘密鍵を持っていない限り公開鍵を開けることは出来ませんから、このシステムによってネット上で安全に情報がやり取りされるようになっているというわけです。情報のセキュリティはこのシステムによって出来上がっているわけです。