未分類

【解説】中本哲史(satoshi nakamoto)とは

中本哲史(=Satoshi Nakamoto)とは、このビットコインのアイデアを、2009年、ネット上に公表し、ビットコインプロトコルと参照ソフトウェア Bitcoin-Qt を制作した人物です。正体は不明で、名前も本名かどうか不明です。日本人男性のような名前ですが、国籍も今のところは不明です。

2010年半ば頃まで、ナカモトは他の開発者と一緒に、ビットコインのソフトウェアのリリースを行っていましたが、次第にソフトウェアのソースコードリポジトリの管理などを人に任せるようになりました。また同じ時期、 Bitcoin.orgなどの、いくつかのドメイン管理をビットコインのコミュニティ内のメンバーに引き渡しています。そうして、ナカモトのチームやコミュニティとの交流を控えるようになりました。

ナカモトは、ビットコイン約100万BTCを所有していると予想され、2017年5月時点の相場で2000億円に相当します。ナカモト氏の、独創的な仮想通貨の開発によって、オタクなイメージから、一転して大発展を成し遂げました。