未分類

【解説】レファレンス実装とは

レファレンス実装とは何らかの機能を実現するハードウェアまたはソフトウェアのことをいいます。ハードウェアやソフトウェアの仕様は何らかの動く実例があると理解しやすく、その仕様を知ってもらうことに目的があります。他者がそれを参考にし独自に実装をする助けにもなります。

規格を制定する場合には仕様書を作成しますがその詳細は複雑多岐にわたり実装するとなると優先順位などの問題が生じ仕様書だけでは判断がつかない場合があります。そんな時にレファレンス実装を用いて確認することができ、それによりその動作が正しいと判断できます。

レファレンス実装は仕様などと並行して開発され、仕様が実装可能かどうかの確認にも使われます。規格を制定する側も仕様に間違いや不正確さがないかを確認しながら事を進められます。

仮想通貨のユーザーはシステムに従って利用していくことになりますがレファレンス実装がどう書かれているかを参考にしてゆくことになります。詳細が多岐にわたっていてもそれを参考にすると取引が簡単に出来ます。その意味でも規格を制定する側は設計や変更の度に一部の人に利益をもたらすなどの不正行為の防止を図るためコーポレートガバナンスに力を入れる必要があります。