未分類

【解説】マルチシグ(マルチ・シグネチャの略)とは、ビットコインの送付や受取に必要なビットコインアドレスの一種

マルチシグ(マルチ・シグネチャの略)とは、ビットコインの送付や受取に必要なビットコインアドレスの一種です。標準のビットコインアドレスとは違い、複数の署名を必要とするため、よりセキュリティーの高いビットコインアドレスとして利用されます。

通常のアドレスでは秘密鍵が1つであるのに対し、マルチシグでは秘密鍵が複数に分割されていて、そのうちの一定数以上の鍵を合わせないと送付できません。例えば、鍵を3つに分散し、そのうち2つ以上が合わないと送金できない、などのようにして利用されます。

通常のビットコインアドレスの場合、その秘密鍵は1つの端末やパスワードに依存しています。したがって、端末がウィルス感染したりパスワードをハックされたりすると、自分のビットコインを失う危険性が高まります。

悪意を持つ者に攻撃される対象が1つしかないため、セキュリティーは甘くなります。一方、マルチシグの場合は鍵が複数あり、それを分散して管理する形がとられています。攻撃対象が複数に分割されるため、セキュリティーが高まる仕組みとなっています。

ビットコインアドレスが標準のものかマルチシグかは、そのアドレスを見ればすぐに判別できます。標準のものは、そのアドレスが数字の1から始まっています。マルチシグはこれが3から始まっています。

QUOINEX