未分類

【解説】プルーフ・オブ・ステークとは、ビットコインをはじめとする仮想通貨に使用されているシステムの一つ

プルーフ・オブ・ステークとは、ビットコインをはじめとする仮想通貨に使用されているシステムの一つです。

ビットコインには、元々プルーフ・オブ・ワークというシステムが採用されていますが、プルーフ・オブ・ステークは、そのプルーフ・オブ・ワークの代替システムにあたります。掛け金を指すステークの証明、すなわちプルーフということで、その仮想通貨を持っている割合の証明といった意味合いになります。

プルーフ・オブ・ワークのほうは、直訳すると仕事の証明ということになりますが、その仕事というのが取引の承認を指します。ビットコインでの取引を誰かが行った際に、他の人が承認する、その承認部分がワークとされています。

このプルーフ・オブ・ワークは、承認のための計算に高性能コンピューターや膨大な電気代が必要なことに加え、51パーセント攻撃という、ビットコインへの不正な攻撃を回避しにくいといったデメリットがありました。

プルーフ・オブ・ステークは、計算を行わないので電気代が異常にかかるのを防ぐことができます。そのおかげで、電気代や設備の差による競争にならないため、参入のハードルを下げることに繋がっています。

51パーセントの割合を保有することが難しいことから、51パーセント攻撃の有効な対策にもなっています。プルーフ・オブ・ワークが、その計算量によってコインのセキュリティを保護しているのに対して、プルーフ・オブ・ステークのほうは、資産保有量そのものがセキュリティ保護の役割を果たしています。