未分類

【解説】ブロックチェーンの分岐(フォーク)とは、複数のブロックが同じブロックに加えられた場合に発生する

ここ数年で大きな注目を集めているのがブロックチェーンです。ブロックチェーンは、インターネット上で利用される仮想通貨の技術で分散型台帳とも呼ばれています。

悪意ある参加者がネットワークを乱そうとした場合など、複数のブロックが同じブロックに加えられた場合に発生するのがブロックチェーンの分岐なのです。

マイニングが成功したら、ノードと呼ばれる参加者に伝えます。次のブロックを作成するマイナーは、分岐したチェーンの中から最も長い枝を選択して自分のブロックを加えようとします。枝の長さに差が付けば短い枝は捨てられます。

そして、捨てられた方の枝を構成しているブロックのマイナーは報酬を受け取ることができなくなってしまうのです。

マイナーは、自分の枝の後に他のマイナーが続いていくように、最も長い枝にブロックを加えることができます。もっとも長い枝にマイナーが集中することは、ひとつの枝に集中することになるため、チェーンが分岐してもひとつの枝に収束することになります。

QUOINEX