未分類

【解説】ブロックチェーンとは仮想通貨の信頼性を担保するためのシステム

ブロックチェーンとは仮想通貨の信頼性を担保するためのシステムを指します。ブロックといっても、なにかを差し止めることではなく、ここでは塊という意味です。仮想通貨は中央銀行を介さない仕組みのため、取引はユーザー間のみで行われます。もちろん当事者だけでは、不正の有無を証明することはできません。そこで別のユーザーにも情報を精査してもらい、取引の公正さを認証するシステムが考案されました。

とはいえ、取引は何千、何万と行われるものですから、それを一つずつ確認していくことは、ほぼ不可能です。そこで記録を大きな塊にして、より迅速にチェックできるように工夫が施されました。この一つのブロックを、複数のユーザーが精査することで、信頼できる取引か否かが明らかになります。これが、ブロックチェーンです。

もちろん、人は報酬なしで作業に没頭することはできません。ブロックチェーンに参加した人は、ある一定の条件を満たすことにより、仮想通貨を得ることができます。これは鉱山の採掘作業になぞらえて、マイニングと呼ばれるようになり、それを専門とする人も登場しました。こうしたユーザーの積極的な関わりを促す施策が、仮想通貨の隆盛を支えているのです。