ビットコイン(BTC)

フィンテック(FinTech)とビットコイン

はじめに

仮装通貨が発展してきていますが、これはフィンテック(FinTech)という技術のおかげでなりたっています。フィンテック(FinTech)とはどのような技術で、どのようなことが可能になるのでしょうか。

フィンテック(FinTech)によって、様々な便利なサービスが可能になっています。これまでには見られなかった金融サービスが充実しており、ますます現金不要の世の中に進もうとしています。

情報技術の発達により、仮装通貨がますます普及していますが、それに伴って一般消費者のITリテラシーが増えているとは言えない状況です。これからどのように発展させていけばいいのでしょうか。

フィンテック(FinTech)とビットコイン

フィンテック(FinTech)は、金融とITを複合した技術のことで、金融危機以降開発されて、現在普及が広まっています。フィンテック(FinTech)は、今までになかったITの技術を駆使しているので、これまで金融機関がしてこなかったサービスを提供することができるので注目を集めています。例えば、代表的なのが台帳の管理です。これまでは、通帳のように、取引があるごとに銀行が一元となって管理を行ってきました。一元で管理をすることで、管理の負担が銀行のみに集中しています。つまり、管理者である銀行はとても負担が多く、そして、その管理費用は膨大なものとなっていました。しかし、フィンテック(FinTech)を活用すると、各台帳は、それぞれの端末に分散させることができます。そうすると、それぞれの台帳で管理しているので、第三者が一元となって管理する必要がなく、管理費用を抑えることができます。つまり、ビットコインの特徴からいいって、フィンテック(FinTech)は切り離せない核となる技術といえます。以上説明したことが、ブロックチェーンという技術ですが、これによってドルや円なのの通貨を使用しなくてもお金のやり取りができるものとして、新しい貨幣として注目が集まってきています。また、日本政府も仮装通貨の消費税明確化や銀行法の改正によって、ビットコインが普及するようつとめている傾向にあり、これからもっとビットコインは発展するでしょう。このように、フィンテック(FinTech)はビットコインと深い関連性があり、また、さらなるITを駆使したサービスも提供することが可能になっています。例えば、家計簿などもフィンテック(FinTech)の一種で、これも台帳を各端末で記録することができる技術で、さらに今あるものよりもって優れたサービスへと展開するでしょう。

ビットコイン普及の背景

ビットコインは、ここ10年くらいで飛躍的に知名度を上げてきたサービスです。これは、どんなものかというと、仮装通貨といわれている仮装の通貨です。仮装と言っても、実際に他の通貨と交換することもできるし、また、サービスと交換することができ、その効果は実際の通貨と変わりはありません。ただ一つ違うところは、現物ではなく、オンライン上で決済され、通貨としての現物は存在しないことです。ビットコインが普及した背景には、オンライン決済を提供するうえで、構築が容易であることがあげられます。銀行などの他の金融機関による決済システムでは、中央サーバーが存在しています。そこを介してお金のやりとりが行われています。しかし、ビットコインシステムでは、中央サーバーというものは存在せず、ネットワーク上の発掘者といわれる人の端末のノードを通じて決済が行われますので、大規模なシステムを構築する必要はなくなります。すなわち、多額のメンテナンス費や維持費がかかることなく、低額でサービスを提供することができます。実際、ビットコインの取引手数料は、他の金融機関で使われている取引手数料より格段に安く、利用するメリットはあります。しかし、中央サーバーが存在しないということの他に、政府により認可されているシステムではないこともあります。このことは、つまり、利用者の間で何か不都合が起きたり、詐欺にあったとしても、国は何も保証してくれないということになります。このことから、システム自体に信ぴょう性が無くなり、消費者視点からは、気軽に利用できるシステムではなく、これはあくまでも投機の一種で、株やFXと同じような扱いとなっており、利用者の層が限られています。

ビットコインの現状の問題点

ビットコインでは、ビジネス同士では利用するメリットはあるものの、消費者視点では正直言ってメリットがあまりないのが現状です。確かに商品を購入する場合に、現金を持ち歩かずに、ビットコインで決済をすますことができますが、それならクレジットカードでもいいし、現在使っている電子マネーでもいいということになります。何もビットコインを使わなければいけないという理由がありません。それがいまいち消費者の間で普及していない理由といえましょう。他のツールを新たに利用するということは、それを利用することによって何か得になるものがなければ消費者はついていきません。例えば、ビットコインで決済することによって、クレジットカードよりもポイントがつくとか、ディスカウントを受けることができるとか、何か商品がもらえるなどのサービスがなければ、商品購入目的でビットコインを使う動機は生まれないでしょう。現在、ビットコインを使う用途としては、投機目的以外には考えられないでしょう。これは株やFXといった性格を持っています。ビットコインは、貨幣ですが、それはあくまでもオンライン上の貨幣ですので、相場というものが存在します。その相場は、日々変動しており、昨日の価値と今日の価値は全く異なることがあります。つまり、ボラティリティが高く、貯蓄として持っておくにはリスクが伴います。ですから、現状では、投機目的として、差金で決済をあげて儲けるために利用している方がほとんどです。ただし、これも物珍しさでやっている人が多く、これからもっと周知をしていったり、基盤を強化していかなければ衰退していく可能性があります。同じようなサービスとしてFXがありますから、そちらに流れていかないように工夫しなければいけません。

ビットコインの金融としての役割

ビットコインは現状としては、ほとんど投機としての商品価値しかありません。ボラティリティが高く、今持っているビットコインが、明日には暴落して価値が下がってしまうことも稀ではありません。計画的に資金管理をすることは、ビットコインでは難しいので、これはあくまでも投機として保有しているにすぎないサービスです。ただし、ビットコインの相場は長期的に見れば上昇傾向にあります。確かに短期間でいえば、上下することがあり、先が見えないものとなっていますが、もっと先を見据えて保有することを検討してみれば、資産運用として計算できるツールとなるでしょう。そこで、もし資金に余裕があるならば、ビットコインで商品を購入することで利用してもいいでしょう。現在ではそれほど多くの店舗がビットコインを採用していませんが、政府も認知度を広めていこうと努力している最中ですので、今よりももっと普及していくことは間違いありません。そうなれば、ビットコインの中から決済をして、残ったものは放置して長期投資をしてもいいのです。こうすることによって、金融としての役割と投資としての役割の2面を上手に活用できるからです。これまでの金融サービスを見てみると、例えば株やFXにしても、役割は投資的なものしか存在しませんでした。株券を持っていたとしても、それで商品を購入することはできません。あるとすれば、株主優待で商品券をもらったりするくらいでしょうか。しかし、ビットコインならば、それ自体で貨幣の役割も果たしますので、ビットコインで商品を購入することができます。このことが、今までの金融消費になかったサービスで、画期的なものといえるでしょう。このサービスは便利で、普及が進む可能性があります。

ビットコイン及びフィンテックの将来性

仮装通貨はフィンテック(FinTech)と連動しているシステムです。現在、フィンテック(FinTech)を利用したシステムは、仮装通貨以外にも多く開発されています。そして、これからもこのようなサービスが普及していくことは間違いないでしょう。欧米のみならず、日本でも政府が普及を進めていく姿勢を見せていることから、一般消費者の間での認知も広まります。現在では、何気なく使っているサービスの中にフィンテック(FinTech)が使われているにすぎませんが、今後このようなサービスが増えていく中で、ビットコインの認知度もあがっていくでしょう。ただし、これらはフィンテック(FinTech)というIT技術を駆使していくことから、多少のITリテラシーが必要です。もしITに無知でフィンテック(FinTech)技術を利用していると、何らかの詐欺にひっかかる可能性があります。フィンテック(FinTech)はあくまでサービスの基盤ですが、そのサービスにはITが使われているので、フィンテック(FinTech)を利用する人の無知を利用した詐欺も考えられます。また、フィンテック(FinTech)になじみのない人は、個人の管理もおろそかになるでしょう。フィンテック(FinTech)は、個人での台帳を前提としているので、誰も世話はしてくれません。これからは、一般消費者も最低限のITリテラシーを身に着けておく必要性に迫られているといっていいでしょう。スマートフォンが普及している中、なんとなく使っているだけで、実は危険な行為をしているユーザーも少なくありません。情報技術に何のためらいもなく、個人の情報を無意識に漏洩していることもありますので、オンライン上での取引をするためには、学習が必須になります。

まとめ

これまで、フィンテック(FinTech)と仮装通貨の関係性について述べてきましたが、現在ではオンライン上での取引が非常に発展しています。スーパーのレジでも電子マネーを使用し、現金はほとんど持ち歩かない人も増えています。この傾向は今後もっと増えてくるようですが、それに伴って、一般消費者のITリテラシーの普及も並行して行わなければいけません。今は技術だけが進歩して、ユーザーはおいてけぼりの状態ですので、この問題を解決していかなければ普及には限界があります。

QUOINEX