仮想通貨【総合】

ビットコイン決済は拡大するのか?専門家が徹底解説!

はじめに

こんにちは!ビットコイン専門WEBマガジン「ビットカレンシー」編集部です。

今回はビットコイン決済が今後拡大していくのかをテーマに解説します。

仮想通貨と電子マネーは「換金できるか」「企業が発行しているか」の違いがあります。「改正資金決済法」では、ビットコインを安全に取引するための法律が制定されています。ビットコインを入手するには「取引所」と「販売所」を利用することが一般的です。

ビットコインのユーザーが増えるほど価格が上昇することや価格が大きく変動することから、投資にも利用されます。
今後のビットコインの課題は使えるお店の拡大や安全性をを強固にすることです。今後ビットコインの決済は拡大していくのでしょうか。

ビットコインで決済できるショップが日本でも拡大していく

結論からいうと、将来的にビットコインで決済できるショップが日本でも増えていことが予想されます。仮想通貨は目に見える紙幣と違い、様々な課題があります。

ビットコインを買い物の決算に使うにも、日本で使える実店舗が海外ほどは多くないことです。海外では有名ブランドのショップや有名ホテルなどの決済にビットコインを使うことができます。

一般的なレストランや日用品を扱うショップでも使うことができます。日本では、ショップでの買い物をビットコインで支払うことができないことが多くあります。

しかし、改正資金決済法の施行があったことから、大型の家電量販店や人材斡旋事業の企業が運営しているショップやサービスでビットコインでの支払いができるようになっています。

日本だけでなく海外でもビットコインのユーザーが増えていることから、価格が上昇していくことが予想できます。ビットコインの価格は世界中にユーザーが増えるほど高くなることから、投資に利用する人が増えています。

価格は人気と比例することになります。常に価格変動が起きるので、安いときに購入して高いときに売る(換金する)と利益になります。

これは、ビットコインのユーザー数が増えなければリスクになってしまうデメリットがあります。世界中でもビットコインは注目されていて、日本でも法律の施行や使えるショップの拡大がされていることから見ても将来性は見込めます。

今後の将来性については明るいものばかりではなく、仮想通貨の種類が増えていることからユーザーが他に流れてしまう可能性や仮想通貨自体が流通をストップしてしまう可能性があります。

仮想通貨の普及がストップしてしまえば価格の下落を起こすことも予想されます。仮想通貨が衰退しないようにすることも、今後の課題の一つです。

ビットポイントジャパンはコンビニでの導入に向け協議を開始しています。

  同社は同時にビットコイン決済端末用のソフトウエア開発を他社と共同で進めている。すでに決済端末の供給網を持っている決済サービス会社と組んでおり、「将来的には数十万店舗」という規模で一気に広まる可能性があると話した。相手企業については「上場している国内企業」と述べるにとどめ、夏ごろをめどに具体的な内容を発表する予定だ。

4月に登録業者以外による仮想通貨の売買を禁じる改正資金決済法が施行されたことで、国内ではビットコインの導入が進んでいる。同社とANAホールディングス子会社の格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションは22日、ビットコインで航空券などの購入を可能にする決済システムを年末までに導入すると発表。家電量販大手のビックカメラも4月に都内2店舗でビットコインの決済サービスを開始している。

引用:コンビニでビットコイン決済、国内で数十万店舗の可能性も

今後もこうした動きは活発になるでしょう。

仮想通貨の「改正資金決済法」

ビットコインが誕生したのは2009年、「電子通貨ビットコイン」の論文をナカモトサトシが発表したことが発端になっています。この論文は、世界中から注目され、多くのコンピューターエンジニアの手によって普及されました。

現在では日本でも仮想通貨を紙幣と同じようなものであると位置付け、仮想通貨に対する法案が出されています。トラブルや犯罪が起こる可能性を課題とした法案は、消費者にとって無くてはならないものです。

日本では金融庁などがビットコインの国内での拡大のスピードの速さに対応するために平成29年4月1日に「改正資金決済法」が施行されました。

仮想通貨を購入するときや換金するときの交換サービスを適切に実施するために「登録制の導入」が制定されました。金融庁・財務局の登録を受けた業績(「以下「登録業者」)のみが、国内で仮想通貨交換サービスを行うことができます。

利用者がリスク等を理解の上、取り引きを開始できるようにするために「利用者への適切な情報提供」が制定されました。利用者に、取り扱う仮想通貨の名称や仕組み等の説明、仮想通貨の特性(法定通貨でないこと、価格変動があることなど)、手数料等の契約内容等です。

利用者財産を適切に管理するために「利用者財産の分別管理」が制定されました。利用者から預かった金銭・仮想通貨と、事業者自身の金銭・仮想通貨とを明確に区分して管理することが義務付けられています。

マネーロンダリング対策のために「取引時確認の実施」が制定されました。口座開設時、200万円超の仮想通貨の交換・現金取引、10万円超の仮想通貨の移転(送金)をする場合は運転免許証などの公的証明書の確認等が義務付けられます。

<参照>

以下、さらに詳しく理解するためにご参照ください。

金融庁:仮想通貨に関する新しい制度が開始

仮想通貨交換業者に関する内閣府令案

仮想通貨交換業者関係の事務に関するガイドライン

 

インターネット上に存在する仮想通貨、デジタル通貨

ビットコインとは一言でいうと、現実には存在しない通貨のことです。現実に存在しないことで抵抗があると感じる人も多く存在します。

世界中ではポピュラーな通貨で、紙幣と同じように買い物の決済や投資に利用することができます。仮想通貨の種類はいくつかあり、世界でも注目されていることから増加傾向にあります。その中でも、最も注目されてて知名度が高いのが「ビットコイン」です。

インターネット上に存在する仮想通貨はデジタル通貨とも言われています。インターネットでの買い物での支払いに利用できる通貨です。

これは電子マネーと似た特徴なので同じように思うでしょうが、明確に違う点があります。違いには大きな点が2つあります。それは「発行元」と「紙幣との換金」です。

電子マネーでは企業が発行し、利用者は電子マネーをチャージすることで使用できます。発行元が必ず存在するのが電子マネーの特徴です。

発行元の企業が、電子マネーの使用を保証しているということになります。もしも、発行元の企業が破綻してしまえば価値が無くなってしまうリスクがあるので、信用力が大きなポイントになります。仮想通貨は発行元が存在しません。では、仮想通貨の保証は無いのかというと、そうではないのです。

暗号化技術を使うことで、取引履歴などの情報のセキュリティを強化しているのです。このセキュリティの強固さによって、情報の管理がされているという信用力が保証されているのです。更に仮想通貨は現金に交換することができます。

電子マネーはチャージした金額分を現金に交換することができませんが、仮想通貨は払い戻しができるのです。現金へ換金できることから、買い物の決済だけでなく投資に利用する人もいます。

ビットコインの保管場所「ウォレット」

ビットコインを保管するのはカードでも通帳でもありません。「ウォレット」という財布に保管するのです。「ウォレット」には種類があり、セキュリティの高さや使い勝手の良さには差があります。自分のビットコインの使い方に合わせた「ウォレット」を持っていると安心で便利です。

仮想通貨は電子データなので記録媒体が「ウォレット」になります。多く利用されている「ウォレット」の中にはセキュリティを重視したもの、使いやすさを重視したものと様々あります。

パソコンで仮想通貨を利用することに特化しているのは「デスクトップウォレット」です。ソフトをパソコンにインストールする手間が必要になりますが、オフラインでも使用できることでセキュリティが高くなります。

パソコンが故障すると仮想通貨を失ってしまうリスクがあるので、大金の仮想通貨を保管することは避けた方が無難です。これはスマートフォンなどのアプリを利用する「モバイルウォレット」にも同じようなメリットとデメリットがあります。

他にもパソコンで使えるウォレットは「ウェブウォレット」です。口座開設や設定をする手間がありますが、どのパソコンからもアクセスできるメリットがあります。

セキュリティ面やシステムが管理者に任せることになるので、信用できるサイト選びが重要です。セキュリティ面やシステム面を考慮すると大金の仮想通貨を保存することには向いていない特徴があります。

最近注目されているのは「ハードウェアウォレット」です。その名の通り、専用端末の機器に仮想通貨を入れておく保管方法です。インターネットと隔離された環境で使えることからセキュリティが高いメリットがあります。

物として存在しているので、紙幣と同じような感覚で使うことができます。しかし、価格が高いことがデメリットになります。

一番ポピュラーな方法は「取引所」や「販売所」で購入

ビットコインのウォレットを作ったら、入手する必要があります。仮想通貨は入手するためにいくつか方法があります。自分に合った利用しやすい方法を使うことが前提になりますが、一番ポピュラーな方法は「取引所」や「販売所」で購入することです。

仮想通貨の改正資金決済法により、以前に比べて消費者が安全に購入することができるようになっています。消費者が仮想通貨を購入するための安全性の課題を解決する法律が改正されたこともあり、仮想通貨を取引所や販売所で購入することが日本でも一般的になりました。

「取引所」と「販売所」には違いがあります。取引所はビットコインを取引するための場所の提供をしてくれます。ビットコインの価格や数量はは売りたい消費者が提示したものになります。

その提示さた価格や数量を入手したい消費者がいれば売買が成立します。ビットコインを売りたい消費者と買いたい消費者がいないと成立しないので、時間が掛かることがあります。

ビットコインのユーザーは多数いますので、成り行き取引でほとんどの場合は取引が成立します。販売所はビットコインを所有しおり、そのビットコインを消費者に販売します。相場に応じて販売価格は変動する特徴があります。

手数料は取引所より高くなりますが、短時間でビットコインを入手できるメリットがあります。

「取引所」や「販売所」以外での入手方法は、「発掘」があります。パソコンなどのコンピュータにビットコインの発掘のためのソフトをインストールして利用します。ビットコインを自動的に発掘してくれますが、現在ではユーザーが増えて実際には難しい方法になっています。

商品を販売してビットコインで決済する方法もあります。ポイントをビットコインに交換してくれるサイトも増えてきているので、利用価値が高くなっています。

 

まとめ

仮想通貨は保管方法や口座開設、入手の方法が通常の紙幣とは全く違います。最初は戸惑うことも多いですが、仮想通貨に関係する情報を発信しているサイトが多いので心配はありません。情報だけでなく、実際に使ってみることで便利さや課題になるようなことに気付くものです。

投資のようにリスクを背負う可能性があるものよりも、まず買い物などでビットコインを使ってみることが重要です。日本でも仮想通貨に対する課題への取り組みは進んでいるので、ビットコインは将来性に期待できるとされていることは事実です。

 

QUOINEX