仮想通貨【総合】

ビットコイン取引の始め方とは?専門家が徹底解説!

はじめに

こんにちは!ビットコイン専門WEBマガジン「ビットカレンシー」編集部です。

今回は「ビットコイン取引の始め方」について徹底解説します。

ビットコインの安全性は、現実的な通貨と比較しても劣るものではありません。その価値を決めるのはユーザー自身であるため、需要がある限りは投資を続けることが可能です。

ネットワーク上で取引を行うことを主としており、一つの場所を手段として手続きをする従来型の通貨とは異なります。こうした分散型通貨には、中央銀行や政府が介入することはありません。

P2Pネットワーク上で手続きを行う性質上、手続きが高速でかつ手数料が小さくなるという大きなメリットがあります。場所を問わず世界中で取引ができるので、新しい時代の通貨と言えます。

そんな新しい通貨、ビットコイン取引の始め方を見ていきましょう!

ビットコイン取引を始めるには口座を開く必要がある

ビットコイン取引を始めるためには、まず現実世界と同じように口座を準備しなくてはいけません。ビットコインでは、この口座に該当するものをアドレス、もしくはウォレットと呼びます。ビットコインの口座が一般的な通貨と異なる点は、口座そのものを単純な文字列やQRコードによって表示することです。

無機質な文字と数字だけが与えられ、そのアドレスの集合体を財布であるウォレットとして扱うことになります。ですから、まずはアドレスを作ってくれる場所を探さなくてはいけません。

例えば、ビットコインを相手に対して送信したいと考えるときには、このアドレス宛に通貨を与えることになります。アドレスが無くなってしまうと通貨の購入を行うことができないようになるため注意が必要です。

また、ビットコインは透明性を確保するために、それぞれのユーザーに対して与えられているアドレスの情報を公開しています。アドレスの情報はネットワーク上で管理されていますので、この情報に対して何らかの不正アクセスをすることはほぼ不可能です。

そのため、公平性の観点から手続きをする際にはアドレスの情報が全世界に発信されるようになっています。当然ですが、アドレスはその人だけに与えられる情報であるため、アドレスを保有している人の情報はこの公開によって多くの人に知られてしまいます。

ただ、こうした情報を隠したいと考える人は、その情報を隠すことも可能です。アドレスの安全性が高いのは、取引ごとに独自にその文字列を追加したり変えていくことができる点にあります。

アドレスを変えることによって、特定のユーザーがどの取引をしたのかを隠すことが可能です。アドレスをユーザーが変化させたとしても、そのウォレットの中に溜まっている仮想通貨の状況に変化はないので、その点は安心して利用することができます。

ビットコインで必要なマイニングとは

ビットコインを入手する手段として、マイニングと呼ばれる一般的な手法があります。マイニングは採掘という意味ですが、文字通りネットワーク上でビットコインを採掘することで、通貨を獲得しようとする試みのことを指します。ビットコインは、あくまでも仮想通貨であるため現実世界の通貨や紙の媒体のようなモノの価値が存在しません。

こうした現実的な通貨や紙の媒体の代替として、ネットワーク上に存在する仮想の通貨を採掘することが大切になります。例えば、日常生活を送っている人は、預金口座に預けているお金を銀行に行けばおろすことが可能です。

ただ、預金口座を預けているお金を実質的におろしている人は、本人ではなく銀行の職員になります。消費者は預けているお金を銀行を媒介として返してもらうことになるため、現実的な手続きをしているのは消費者本人ではなく銀行ということになるわけです。

仮想通貨の場合は、この銀行に該当する存在がありません。特にビットコインは、銀行や政府が介入を行うことなく、ただ単純にP2Pネットワーク上に存在する通貨を獲得する必要性があります。

そのため、口座に預けてそれを出金する手続きまで全てユーザー自身が行う必要があります。銀行が日常生活の中で行っている作業をP2Pネットワーク上で全てユーザー自身が行うわけです。ですから、ビットコインを入手する際には、必ずマイニングという作業を行う必要があります。

ビットコインはマイニングの際、ブロックチェーンと呼ばれる取引履歴を参考にすることで、ユーザーに対して通貨を還元します。取引情報に新しい取引情報を追加するという単純な方法で、仮想通貨としての存在価値を付けていきます。

この取引履歴は全ユーザーの取引履歴を参考にしているので、マイニングという一人一人のユーザーの作業がとても重要になります。

手軽なビットコインの入手方法

アドレスとウォレットを準備してマイニングを理解出来たら、ビットコインの投資への用意は既にできています。

一般的な始め方としては、まず販売所を利用することが挙げられます。ビットコインを入手するとはいっても、手軽に日本国内で入手できる場所はそれほど多くはありません。ですが、P2Pネットワーク上に存在して多くのユーザーが求めている限りは、仮想通貨にきちんとした資産価値が存在します。

無料で提供されているわけではありませんので、その対価となる何らかのモノを支払うことで本人がマイニングをしなくても入手することは可能です。そこで対価として一般的に支払われているのが、現実世界での現金です。

ビットコインなどの仮想通貨を投資用に入手するためには、まず現実世界の通貨を準備して、その通貨を仮想通貨として販売してもらう必要があります。

本来は、ユーザーがマイニングをして通貨を発掘しなくてはならないものなのですが、初心者がこのようなことをしていても時間がいくらあっても足りません。そこで、既に仮想通貨を保有している人からその仮想通貨を現金の対価として分けてもらうことが大切になります。

実際に、ビットコインは現実世界の中で既に現金の役割として電子決済を行うことができるようにもなっています。ビットコインを現金と同等に見ることが可能な価値のあるものと認識していれば、その通貨を購入することも現実的に可能となります。例えば、現実世界の通貨では、通貨同士の売買が行われて日本円をドルなどの外貨に交換することが可能です。

これは、日本円を支払ってドルを購入していることと同義であるため、この手続きを仮想通貨で行うわけです。それぞれの通貨には、需要と供給によって決められた相場というものがありますので、ビットコインを購入したい人がいればこの取引は必ず成り立ちます。

交換所での投資の始め方

販売所で手に入れたビットコインをさらに増やすための方法として、ビットコインの交換所を利用する方法があります。

この交換所と呼ばれる場所は、現実世界における証券所や外国為替証拠金取引のイメージとほとんど同じであると考えておけば間違いありません。ただ、取引をする際に信用を担保とした信用取引がないだけです。

仮想通貨であるにもかかわらず、なぜビットコインに資産的な価値があるのかというと、その仮想通貨を欲しいと考える人がとても多いからです。

現実世界の通貨でも同じですが、それぞれの通貨にはそれぞれの需要と供給によって決められた資産価値が存在します。この資産価値のことを、通貨同士で売買をするときには相場と言います。

ビットコインにも、現実世界のような相場が存在します。例えば、100円で仮想通貨が欲しいと考えている人がいれば、100円で出品されている仮想通貨を手に入れたいと考えます。

そうした人が大勢集まれば、今度は100円で入手できる仮想通貨の数がどんどん少なくなっていき、今度は200円でそれを交換したいと考える人も出てきます。こうした相場を利用して投資をしていくのが、ビットコインの基本的な考え方と始め方です。

販売所でビットコインを購入した投資家は、交換所に行くことによってその通貨を欲しいと考える人に販売することができます。単純に考えると、100円で手に入れた仮想通貨を200円で売ることが出来れば、差額で100円の利益が生まれます。

このように、仮想通貨さえ手に入れれば始め方としてはごく一般的な投資と変わらず、利益の考え方もほとんど同じです。仮想通貨を既に保有している際には、始め方に迷うことなくすぐに相場を確認して保有している通貨を売ることができます。

また仮に、その相場を見てビットコインの相場が安いと考えれば、今度は販売所に行かなくても交換所で売買ができますので、そこで安い通貨を購入すれば良いわけです。

なぜビットコインは常に人気があるのか

ビットコインは仮想通貨の中でもとりわけ人気が高い通貨です。ビットコインがこれほど人気が高いのには、経済的な理由がきちんと存在します。

本来、通貨の価値は通貨の需要と供給で決まり、この需要と供給は政府や中央銀行が介する役割を持っています。しかし、大半の仮想通貨には通貨の状況を改善する権限を持った機関が存在しません。一度ネットワーク上に放流された通貨は、そのままネットワーク上に彷徨う存在となって誰からも干渉を受けない存在となります。

ビットコインの場合は、実はこうした特徴もあって通貨の再発行というものが存在しません。当初に作成された通貨の総数だけが残っており、それ以上になることもありませんし、それ以下になることもありません。

その数は合計で2100万通貨であることがわかっており、この通貨の総数は現実通貨の総数や他の仮想通貨の総数と比較するとかなり少ないです。ビットコインの通貨の総数がこれからも増えないことは確定していることであるため、ネットワーク上を彷徨うビットコインを欲しいと考える人が増えるほど自然とその価値は上昇していきます。

例えば、今までは100万人しか利用することが無かったビットコインを10年後に1000万人もの人が求めるようになった場合には、その資産価値は数倍から数十倍にも膨れ上がります。100万人で利用されていた2100万枚の通貨を、今度は1000万人で利用しなくてはならないようになるからです。

重要なのは、ビットコインの通貨の枚数がこれからも変動しないということです。既に述べた通り、ビットコインは政府や中央銀行に管理されているものではないため、通貨を勝手に増やすという手続きそのものを行うことができません。そのため、通貨の枚数に上限が存在するビットコインは、他の仮想通貨と比較しても人気が高いのです。

ビットコインが安全な理由

仮想通貨の投資の始め方として、ビットコインを一番最初に利用することはとても理に適っています。これは、ビットコインが仮想通貨の中でも極めて安全性が高いものだからです。これからもさらに高くなる可能性を秘めているものだからこそ、最も人気のある通貨として存在しています。特に、ビットコインに関しては日本国内ではその傾向が強いと判断できます。

これは、ビットコインを筆頭とした仮想通貨に関する技術を、より研究するように経済産業省やその関連機関が推奨しているからです。

ビットコインには、ユーザーの取引履歴を参考にするブロックチェーンという暗号技術が応用されています。仮想通貨に関する論説や法律的な整備は2016年から2017年にかけて活発に始まりました。

実際に、経済産業省の関連機関では、国内におけるブロックチェーンの仮説検証や促進、そしてそれに伴う成果や課題を広く公開することを推奨しています。つまり、仮想通貨に利用しているブロックチェーンの技術をより高度にして、さらに安全性の高い暗号分野を確立させていこうと考えているわけです。

さらに、仮想通貨で利用されている技術はネットワークを利用した世界規模で展開されているため、各国間での連携が不可欠とも述べています。これは、現実的な動きにも着々と現れています。仮想通貨の中には、元々取引における決済や通貨同士の売買を高速に行うために開発されたものが少なくありません。

ビットコインも例外ではなく、だからこそその将来性を見込んだ人が素早く出資を行い、大きな利益を得るに至ったわけです。実際に、ビットコインで成功した人の中には、数百億円と利益を出している人が存在します。

元々、ネットワーク上に存在する仮想通貨には、サーバーの概念が存在しないので外部からの攻撃を受け付けないというメリットがあります。ですから、この技術がより高くなればさらに安全な売買を実現できるようになります。

まとめ

ビットコインの始め方は、口座と仮想通貨を理解し、準備するところから始まります。現実世界には存在しない通貨を管理しなくてはならないため、それ専用の知識がいくつか必要になるのは間違いありません。

ただ、現実世界の通貨とは異なった新しい通貨の概念であるため、従来型の通貨のセキュリティの甘さや売買の難しさと言ったものが存在しないメリットもあります。口座と仮想通貨を保有していれば、P2Pネットワークを介して他のユーザーと自由に売買ができますので、極めて安全に投資を楽しむことができます。