仮想通貨【総合】

ビットコイン・ウォレットを専門家が徹底解説!

はじめに

こんにちは!ビットコイン専門WEBマガジン「ビットカレンシー」編集部です。

今回はビットコインウォレット(ビットコインの財布)について徹底解説します。

現金を持たないビットコインはコンピュータ上の情報なので、コインを保有したり支払いをする際は専用のアカウント(口座)を作成して保管しなければなりません。各アカウント間で、コインの受け渡しができます。

ビットコインのデータは公開鍵方式で暗号化されています。誰かからコインを受け取る際は受取用アドレス(公開鍵)が、出金の際には秘密鍵と呼ばれる文字列を必要とします。

受取用アドレスや秘密鍵を作成・保管して、コインを管理したり送金をするためのソフトウェア「ビットコインウォレット」は無料で入手でき、秘密鍵の保管方法が違います。

ビットコインウォレット(財布)の仕組み

ビットコインウォレットとは、コインを入金・保管する受取用アドレスと送金手続きに必要な秘密鍵が保管されているアプリケーションプログラムまたは公開鍵(受取用アドレス)・秘密鍵が印字された紙片のことです。公開鍵・秘密鍵の保管方法によって種類が分けられています。
最もポピュラーなのがソフトウェアウォレットと呼ばれるもので、インターネットに接続されたパソコンや携帯端末にアプリケーションソフトをインストールして使用します。アプリの中に秘密鍵が保管されているので、相手の受取用アドレスを入力すれば自分のコインを相手に送金することができます。送金以外にも、残高照会や日本円や米ドルに換算した金額を表示させることも可能です。
アプリを利用すれば、新規に自分専用のビットコインアカウントを作成することができます。アカウント作成方法には2通りの方法があります。古いタイプのアプリであれば、秘密鍵と対応する公開鍵をランダムに生成します。アプリは定期的に秘密鍵・公開鍵のペアを新たに生成するので、生成された両方の鍵について定期的にバックアップを取っておかなければなりません。
ビットコインの運用が開始されてから開発された新しいタイプのアプリであれば、12個または24個の復元(パス)フレーズと呼ばれる単語を入力して、フレーズを元に秘密鍵・公開鍵を生成します。ちなみに復元フレーズは日本語または英単語で、“イヌ、ネコ、ヒツジ、リンゴ、ミカン…”のように人が覚えやすい単語の組合わせです。この復元フレーズさえ保存しておけばアプリが生成する秘密鍵・公開鍵の全てを復元することができます。このため、毎回生成された全ての秘密鍵・公開鍵のペアのバックアップを取っておく必要がありません。アプリを利用する場合には、復元フレーズ機能が実装されているタイプのものを選ぶようにしましょう。

インターネット上の財布とは

専用のアプリを利用しないでネット上で手軽にビットコインを保管・管理する方法があります。
受取用アドレス(公開鍵)・秘密鍵がインターネット上のサーバーに保管され、ウェブメールを利用するような感覚で手軽にコインの残高照会・送金ができるオンラインウォレットがあります。受取用アドレスは2次元バーコードまたは文字列としてブラウザに表示されるので、送金元に伝えることができます。最初にメールアドレスを登録すれば自動的にアカウントが作成されます。残高照会や送金を行う際はログイン名とパスワードを入力してログインして、操作を行います。ネットバンキングに近い感覚で自分のビットコインを管理することができるので、初心者の方にお勧めです。逆にデメリットとしては秘密鍵がインターネット上のサーバーに保管されているため、不正アクセスなどで秘密鍵の情報が流出するとコインが盗まれてしまうリスクがある事です。オンライ上でビットコインを管理することができれば便利ですが、常時ネットワークに接続されているコンピュータに秘密鍵が保管されていると盗難の被害に遭うリスクが高まります。
最近はビットコインで入金ができるデビットカードが発行され、利用者ごとにビットコインをチャージするための受取用アドレスが割り振られます。指定されたアドレスにビットコインを入金すれば、デビットカードとして国際ブランドのクレジット決済ができるお店で支払いができます。デビットカードを利用すればネットバンキングの要領でビットコインの入出金もできるので、財布としても利用できます。
他にもビットコイン取引所のアカウントを財布代わりに利用する方法もあります。この場合も秘密鍵は運営会社によって管理されており、不正アクセスによりコインが盗まれる恐れがあります。
いずれの方法も運営会社が秘密鍵を管理しているので、多額のコインを保管するのに不向きです。取引に利用する少額のコインを一時的に保管する際に利用できます。

多額のビットコインを安全に保管する方法

少額のお金であれば小銭入れに入れて持ち歩くことができますが、多額のお金を持ち歩くことは危険です。多額の現金を保管する場合に金庫を使うように、多額のビットコインを保管する場合には秘密鍵をインターネットから切り離しておくべきです。この場合、送金をしなければならない時にだけ、秘密鍵をインターネットに接続されているコンピュータに入力します。秘密鍵をネットに接続された端末に置かずに、紙に印刷するかネットから切り離された専用の電子デバイスで保管する方法を「ハードウェアウォレット」と呼びます。電子デバイスはUSBに挿入するタイプの装置が販売されていて、出金時以外はコンピュータから切り離して保管します。この方法を利用すれば不正に秘密鍵が使われて自分のコインが盗まれる心配はありません。受取用アドレスだけをウォレットアプリに登録しておけば、残高照会と入金確認をすることができます。
ハードウェアウォレットはネット上の不正アクセスやウィルスの被害に遭う可能性が低くて安全性が高いのですが、秘密鍵を印刷した紙や電子デバイスを破損・紛失しないように安全に保管しておく必要があります。これらの“ハードウェア”が物理的に盗まれてしまうと、コインが盗まれるのと同じだからです。
秘密鍵をインターネット上や物理的なデバイスに一切保存しない方法もあります。アプリで最初にアカウントを作成する際に登録した復元フレーズを記憶しておき、受取用アドレスを保存してからアプリに登録したアカウントを削除してしまう方法です。コインを入金する際は受取用アドレスを利用し、出金する際は記憶した復元フレーズをアプリに入力してアカウントを復活させます。復元フレーズを忘れない限り、デバイスが盗まれたり破損して秘密鍵が失われる恐れがありません。

現金を持たない仮想通貨の保管・送金方法

仮想通貨の最大の特徴は紙幣や硬貨などが存在しないことです。インターネットを利用してデータを送受信することで、仮想の“コイン”を受け渡しすることができます。データに過ぎないビットコインを安全に保管するためには、ビットコインアカウント(口座)と呼ばれるもの(文字列)が必要です。ビットコインアカウントは英数字の組合わせで出来ていて、誰でも自由に作成することができます。ビットコインの場合は、アカウントの組合わせの数が10の70乗(10進法で71桁)個以上もあります。天文学的な数字なので、誰か他の人のアカウントとバッティングする心配はありません。自分のビットコインを安全に保管・管理するためには、自分だけのコインアドレスを作成する必要があります。
ビットコインを受け取るためには、「受取用アドレス」と呼ばれる英数字から成る文字列が必要です。誰か他の人から自分専用のアカウントにコインを送金してもらう場合には、相手に自分の受取用アドレスを教えることで送金手続きをしてもらえます。自分が所有するコインを他の人に送金する際は、送金先として相手の「受取用アドレス」を指定して送信を行います。
ビットコインは特定のアカウント内に保管して、各アカウント間でコインを送信(送金)して取引を行うことができます。仮想通貨は既存の電子マネーのように運営会社などの特定の組織を仲介せずに、直接相手のアカウントにコインを送信することができます。仮想通貨は、あたかも現金を個人的に受け渡しするかのように自分のアカウントにコインを入金してもらったり、他の人のアカウントにコインを送金することができるのです。
自分専用のアカウントを作成したり残高照会・送金手続きを行うためには、インターネットに接続されたコンピュータに「ウォレット(財布)アプリ」と呼ばれるアプリケーションソフトを利用する必要があります。

ビットコインアカウントの仕組み

現金を持たないビットコインの正体は、コンピュータに保存されているデータ(文字列)です。コインのデータは暗号化されて、ブロックチェーンと呼ばれる“取引台帳”に全ての取引情報が記帳されています。もしもAさんのアドレスからBさんのアドレスに1枚のコインを送金する場合に、「AさんのアドレスからBさんのアドレスに1枚のコインを送金した」という情報を取引台帳(ブロックチェーン)に記帳すれば、送金手続きが完了した事になります。
取引台帳の管理者が不在の仮想通貨は、ブロックチェーンに記帳する際に二重送金などの不正行為が起こらないようにする仕組みになっています。コインを所有する人だけが“コインを送金した”という情報をブロックチェーンに記帳することができるようにするために、公開鍵方式と呼ばれる暗号技術が利用されています。
公開鍵方式とは、公開鍵と秘密鍵と呼ばれる2種類の文字列があります。公開鍵が受取用アドレスに相当します。ブロックチェーンに「コインを送金した」という情報を記帳するためには、公開鍵に対応する秘密鍵が必要です。秘密鍵を持つ人だけが取引台帳に記帳することができ、コインを送金することができる仕組みになっています。送金をする際の手続き方法については、ビットコインの原論文の「2.取引」の項目に記述されています。
もう少し分かりやすく表現すれば、受取用アドレスは銀行口座の支店番号・口座番号に相当し、秘密鍵は銀行キャッシュカードの暗証番号または預金口座の届出印のようなものです。受取用アドレスは他人に知られても構いませんが、秘密鍵は他人に知られないように厳重に管理しなければなりません。
コインを出金する際に必要な秘密鍵を保管する場所によって、ウォレットにはいくつかの種類があります。秘密鍵を失ってしまうと、そのアカウント内のコインは永久に取り出せなくなってしまいます。このため、秘密鍵のバックアップを取っておく必要があります。

 

まとめ

ビットコインのメリットは秘密鍵または復元フレーズさえ安全に保存しておけば、コインを安全に保管することができることです。ビットコインウォレット(財布)の役割はコインを送金(出金)する際に必要な秘密鍵を安全に保管すること、必要に応じて秘密鍵を使って送金を行うことです。
決済に利用するために少額のコインを保管する場合と、多額のコインを安全に保管する場合で財布を上手に使い分けるようにする必要があります。
いずれの方法でも、必ず秘密鍵または復元フレーズのバックアップを取っておく必要があります。お財布アプリを利用する場合は、復元フレーズ機能が付いているタイプのものを選ぶようにしましょう。