仮想通貨【総合】

ビットコインのメリットとは?デメリットとは?専門家が徹底解説!

はじめに

こんにちは!ビットコイン専門WEBマガジン「ビットカレンシー」編集部です。

今回はビットコインを使うメリット・デメリットについて徹底解説します。

ビットコインは世界中で多くのユーザーに利用されている仮想通貨です。 日本ではユーザーが増えることによって起こる可能性のあるトラブルの対策として、法案が可決されました。

入手方法は採掘、商品やサービスの代金、他の通貨との交換、寄付などがあります。 ビットコインを使うためには財布の役目をするウォレットが必要です。

送金の手数料が無料または少額で済むことはユーザーにとって大きなメリットです。 投資に利用することはメリットがあると同時にリスクを背負うデメリットでもあります。

ビットコイン(bitcoin)のメリット

ユーザーによってビットコインのメリットの感じ方は違いますが、様々な利点があることは事実です。ビットコインの購入は登録している業者からしかできませんが、送金をするときに関与する機関がありません。

個人でショッピングなどをした支払い代金を送金するための手数料が無料です。場合によっては手数料が掛かることもありますが、少額で済みます。

実店舗でショッピングをしてお財布からお金を出すのと同じ感覚で、相手に直接支払うことができます。手数料が無料や少額であることは、ビットコインを支払いに利用するユーザーにとって大きなメリットになります。

手数料が掛かってしまうと、少額の商品を売買することが難しくなってしまいます。ビットコインを決算に使うことで、企業の利益と消費者のの購入意欲が高まります。

野村総合研究所発表の論文によると、ビットコインの特徴には以下の点が挙げられています。

ビットコインは、「仮想通貨」や「暗号通貨」などとも呼ばれ、ソフトウェアによって管理されるデータそのものに価値を見いだし、流通させているものであると解釈できる。ビットコインと、法定通貨である貨幣及び紙幣、電子マネー(資金決済法における第三者型前払式支払手段)との比較を図表 3-1 に示す。ビットコインは、法定通貨や電子マネーのように明確な発行者がおらず、ビットコインというシステムそのものへの信頼が価値の裏付けとなっている。また、法定通貨や電子マネーと異なり、匿名ながら取引履歴が公開されており、履歴の追跡が可能であることも特徴的である。

引用:平成27年度 我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備 (ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査) 報告書

ビットコインをいくら使っても制限がないので安心です。銀行を経由した決算では金額に制限があり、自由に取り引きができません。ビットコインなら金額に制限がないので金額によって手続きが必要になることがなく、お金の流通が自由になります。

企業などでの支払金額が高額になっても、ビットコインなら支払いがスムーズになるメリットがあります。

ビットコインは世界共通の通貨単位なので、海外へのショッピングやサービスへの支払いでも為替レートを気にする必要がありません。海外旅行をする際に外貨両替をする必要も無いので、両替手数料を支払わなくて済みます。

世界中でビットコインを使える店舗が増えてきていますし、日本でも有名チェーン店や大型店舗、個人店舗で導入が実現しているお店が増えてきています。

また、1枚の価格が変動することを利用して投資に使うことができます。リスクももちろんありますが、ユーザーが増え続けているビットコインならではのメリットになります。

ビットコイン(bitcoin)のデメリット

メリットが多いビットコインですが、もちろんデメリットもあります。

一番のデメリットは、政府に承認されていないことです。仮想通貨なので、承認が難しいのです。政府からの承認がされていないことで、私営での運営という状態になります。私営での運営ということは、信頼がなく価値を保証されていないことになります。

たとえば、価値が暴落してしまったり、システム自体がダウンしてしまうとただのゴミになってしまいます。正式な通貨としての承認が無いために、国は一切保証をしてくれないのです。

それこそ、間違えて送金しても返してもらえるわけでもないですし、パソコンがウィルス感染してウォレットに入っている仮想通貨を盗まれてしまっても全てが自己責任になってしまいます。

ビットコインを盗むという事件は実際に起こっています。2014年にビットコインの大手取り引き所で大量のビットコインが紛失しました。調べていくと、大手取り引き所の社長が盗んだことが判明した事件がありました。

また、メリットにもなっていたことなのですが、価格変動がデメリットにもなります。運用が始まった頃に購入していたユーザーなら、今使えば利益はかなりの金額になります。

しかし、購入したときよりも価値が下がってしまうと損害が出てしまいます。ある程度安定したユーザー数を確保していて人気があっても、先のことは分からないものです。

人気があって自由に使えるからとたくさん購入することは、リスクを背負うことにもなります。仮想通貨の中では圧倒的な人気があり、ユーザーが多いことは事実です。それは現在の状況であって、この先より使いやすく利用価値のある仮想通貨が現れるとも限りません。価値は利用しているユーザー数が増えるほど高くなり、減ると下がってしまうことを覚えておく必要があります。

ビットコイン(bitcoin)の歴史や概要

ビットコインは2009年に運用開始された仮想通貨です。日本人の中本哲史さんの論文がきっかけで始まった暗号通貨であるビットコインは、インターネットを使って取り引きができる通貨でデータ管理されています。運用された当時は1枚の価格は1300円ほどでしたが、需要が高まることで価格が上がり2017年4月の時点では約14万円から約15万円の価格になっています。

時価総額は約23785億円と巨大な仮想通貨に成長しています。需要により価格が変動することから、投資を目的に利用する人もいます。一時期は約30万円ぐらいになったこともあるので、投資目的で利用している人は世界中に多数居ることになります。

世界中で取り引きができることから使用する人が多いのですが、インターネットが整備されていない国や地域の人は利用できません。また、目に見える現金ではないことから抵抗を感じる人もいます。

将来性がある仮想通貨と問われると、どちらとも言えないのが現状です。このまま信頼を得て世界中で利用される、利用人数が多すぎてシステムが追いつかなくなる、簡単に口座開設や利用ができることで犯罪に使われる、などの理由から拡大していくのか縮小するのかは予想ができません。

実際は各国の政府の取り組み方が問題になります。自国の紙幣の流通の妨げになるからと規制される可能性もあるからです。日本でも仮想通貨に関する法案が平成28年5月に成立しました。

仮想通貨とは、実際には存在しないけれどもお金と同じように使える通貨のことです。実際に存在しないなら使うことでメリットがないのではと思われがちですが、メリットはたくさんあります。

また、メリットだけではなくデメリットもあります。上手く使えば投資にも使うことができるビットコインについて考えてみたいと思います。

ビットコイン(bitcoin)に関する法案

2016年3月4日に提出され、2016年年5月25日に成立された「情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律案」の中の「資金決済に関する法律の一部改正」で「仮想通貨交換業に係る制度整備」が付け加えられました。

これが「仮想通貨法」と言われるものです。 内容は、「登録制の導入」の中で「仮想通貨交換業(仮想通貨の売買又は他の仮想通貨との交換等を業として行うことをいう。)は、登録を受けた法人でなければ行ってはならないこととする。」という安全性を重視したきさいがあります。

これは、仮想通貨交換業は登録している業者でないと行えないというものです。ビットコインを購入したければ、政府が認めた業者から購入するようにと管理体制に視点を置いた法案です。

「認定資金決済事業者協会に関する規定の整備」の中でも「仮想通貨交換業者が設立した一般社団法人であって、仮想通貨交換業の適切な実施の確保を目的とすること等の要件に該当すると認められるものを、法令遵守のための会員に対する指導等を行う者として認定することができることとするなど、認定資金決済事業者協会に関する規定を設けることとする。」とあることから、仮想通貨交換業に登録することは簡単ではないことが読み解けます。

これらの法案に記載されていることは、マネロンやテロなどの犯罪にビットコインが使われないようにとの配慮から提出されたものです。実際に海外ではビットコインを使った犯罪は置きていますので、その安全策として大きな役目がある法案になります。

「監督規定の整備」の中で「仮想通貨交換業者に関し、帳簿書類及び報告書の作成、公認会計士又は監査法人の監査報告書等を添付した当該報告書の提出、立入検査、業務改善命令等の監督規定を設けることとする。」としているので、仮想通貨を明確に分割して管理することも義務付けされています。

まとめ

ビットコインにはメリットやデメリットがあります。使い方次第では便利なものでありますが、リスクを背負う可能性のあるのもであるということを理解しておく必要があります。

自由に使える仮想通貨であっても、トラブルが起きた場合は自己責任であることを把握することが重要です。資産運用にはリスクがつきものですが、最小限のリスクに抑えるためにも必要以上の購入は避けるほうが無難です。

また、ビットコインの価格変動はユーザーの数に比例しているので、仮想通貨に関するニュースや報道には常に注意をしておきたいものです。

QUOINEX