仮想通貨取引所

ビットコインの特徴とは?専門家が徹底解説!

はじめに

こんにちは!ビットコイン専門WEBマガジン「ビットカレンシー」編集部です。今回はビットコインの特徴について解説します。

ビットコインは世界初の分散型による仮想通貨として2009年1月に運用が開始されました。仮想通貨はクレジットカードや従来型の電子マネーとは異なる特徴を持ち、匿名性や送金手数料が安いなどのメリットがあります。

ビットコインは仮想通貨として法定通貨とは異なる点が多くあります。個人間でコインを受け渡しができ、年々利用者数が増えています。管理者不在でも勝手に取引台帳が偽造されない仕組みになっています。

ビットコインは発行枚数の上限や新たなコインが発行されるペースが決められているので、普及が進むとコインの価値が上がります。特定の地域に依存しない安全資産として、金と似たような値動きをします。

ヤフー知恵袋では下記のように説明されています。

ビットコインには通貨の信用を保証し、それを管理する企業などはありません。コインの新規発行(採掘と呼ばれている)も誰でも自由にできる仕組みになっています。これはチェーンブロックという独自のシステムによるものです。

チェーンブロックではすべての決済・支払いに関わるコンピュータ処理・計算が結びついて行われています。ある決済に関わる計算はそれ以前の計算をもとにしなければ成り立たないのです。ですから個々の取引自体がその他の取引の信用性を保証する事になります。
もし偽造するにはシステムを基から改竄しなければいけませんが、その様な膨大な処理は実際上不可能です。これがビットコインの信用性の元になっています。

ビットコインは誰でも自由に発行=採掘できますが、これはチェーンブロックを維持するためのコンピューター計算・処理を行うことの報酬として支払われるものです。この計算には膨大な手間がかかります。
ビットコイン自体は電子情報に過ぎないのですが、それを得るためには設備・電力や計算作業の労働が必要になるわけです。実際ビットコインの発掘のために大きな投資をしている企業・個人もあります。

将来的な可能性も嘱望されているのですが、前記の様にチェーンブロックは前の取引を含めた計算処理をする必要があるため決済の計算が段々に増加して行きます。そのため処理に数分かかるような事態も起きています。仮想通貨の本質的特長である利便性からは問題があるので、世界的に大規模に使われるには改良されたシステムを作り直す必要があるかもしれません。

引用:ビットコインなるものにお金としての価値が出ることがどうしても理解できません。

本記事ではさらに深く説明していきます。

他の仮想通貨と比較した場合のビットコインの特徴

ビットコインは世界初の分散型による仮想通貨として2009年1月に運用が開始されました。ビットコインは仮想通貨の中で最も歴史が古いため、現金と交換可能な取引所・販売所、決済が可能なお店の数が最も多いというメリットがあります。

世界中の全ての仮想通貨取引所でビットコインと現地の法定通貨または他の法定通貨と交換が可能です。ビットコインは仮想通貨の中で最も流動性が高く、これはコインの価値が高い理由でもあります。他の多くの仮想通貨と比較した場合のビットコインの特徴は、取引情報が記帳されるブロックが新たに生成されるまでに約10分もかかるということです。ビットコインは送金手続が完了するまでに、少なくとも10分を必要とします。

ビットコインよりも後に運用が開始された他の仮想通貨の多くはブロック生成時間が数秒~数分と短いため、もっと短い時間で決済手続きが完了します。

ブロック生成時間が長くて利用者が多いビットコインは、他の仮想通貨よりもブロックチェーン(取引台帳)の偽造が困難であるという利点があります。

ビットコインは仮想通貨の中で最も古いので、世界中のマイナーの数(計算能力)も最多です。このため取引台帳であるブロックチェーンを作成するために非常に多くの計算量を必要とするので、簡単に取引記録を偽造することはできません。

銀行預金や電子マネー、仮想通貨でも取引台帳の信頼性や安全性がその通貨の“命”です。ビットコインは世界中の無数のマイナーのコンピュータ内にブロックチェーン(取引台帳)がバックアップされていて、不正行為が行われないように常に監視されています。

ビットコインは他の仮想通貨と比較すると偽造することが非常に困難で、最も信用されています。

ビットコインとクレジットカードの違い

ビットコインの最大の特徴は現金や証書を持たない“仮想”のお金であることです。インターネット上で少ない手数料で手軽に送金ができ、利用者のプライバシーが保護されるというメリットがあります。

ビットコインは従来の銀行振込や国際ブランドのクレジットカード・デビットカードよりも、送金・決済手数料が安いという利点があります。銀行の振込手数料は安くても数百円程度かかりますし、国際送金サービスを利用すれば少額の送金でも数千円もの手数料が必要です。

国際ブランドのクレジットカードも4~7%程度の手数料がカード会社に徴収されています。コインアドレス間でビットコインを送信する場合には、金額によらず1回あたり10円~100円程度の手数料で済みます。取引所で現金に両替して出金する際の手数料も数百円程度なので、格安料金で国際送金ができます。

ビットコインや他のいくつかの仮想通貨は利用者のプライバシーが保護されています。ビットコインの原論文(Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System)の“10. Privacy”の中には、コインアドレスと利用者の個人情報が結びつかないこと、受取用アドレス(公開鍵のハッシュ)は取引きの度に新らしく作成されるため、コインの利用者が特定されない仕組みであると記述されています。一般的に銀行口座を開設する場合には個人情報を登録しなければなりません。クレジットカードも個人が特定されます。

これに対してビットコインのアカウントは利用者が勝手に(匿名で)作成できます。受取用アドレスと送金額の情報が公開されてはいてもアドレスと特定の個人が結びつかないので、匿名取引をするのと同じです。

仮想通貨はインターネットに接続されている端末があれば個人間で受け渡しが可能で、利用者のプライバシーが守られるという点でクレジット(デビット)カードや電子マネーとは大きく異なります。

管理者不在でも価値が認められる仮想通貨

法定通貨も大半が銀行のコンピュータ内の情報として各口座の残高が管理・送金手続きが行われています。仮想通貨は全額がコンピュータ内の情報として管理されていて、口座残高や送金記録が記帳された“取引台帳”が存在します。

ビットコインの取引台帳はブロックチェーンと呼ばれるデータで、これは特定の管理者によって管理されている訳ではありません。仮想通貨のブロックチェーン(取引台)は世界中で送金手続きを承認・記帳作業を行うマイナーによって行われています。マイナーは仮想通貨の運営に協力する見返りとして、新たに発行されるコインと送金手数料が与えられます。

世界中のマイナーのコンピュータ内には同じ取引台帳(ブロックチェーン)が共有されていて、不正行為がないか常にチェックしています。一般的に銀行預金や電子マネーを利用するためには、取引台帳を管理する銀行や運営会社のホストコンピュータにアクセスする必要があります。

これに対して仮想通貨の利用者はインターネットを通して“近くの”マイナーのコンピュータと接続して、送金の依頼や自分の口座の残高照会を行います。そのため仮想通貨は銀行や運営会社のホストコンピュータにアクセスしなくても、個人間でコインの受け渡しができるのです。

一般的に従来型のプリペイド式電子マネーは利用者と運営会社は債権者と債務者の関係にあります。法定通貨でも利用者と中央銀行の間には、債権者と債務者の関係が成立しています。

電子マネーや法定通貨は発行者(債務者)の信用により、お金やポイントの価値が保証されています。仮想通貨の場合はコインの所有者とマイナーの間で債権者・債務者の関係は成立しません。

仮想通貨は中央銀行や運営会社などの“信用”される組織によって帳簿が管理されている訳ではありませんが、不正に帳簿を偽造することができないようにするシステムと、取引台帳(ブロックチェーン)を作成する労力(電気代)によって仮想通貨の価値が裏打ちされています。

インターネットに接続されている機器で口座を作成

ビットコインや他のいくつかの仮想通貨は、自分のパソコンやスマートフォン・タブレット端末などのインターネットに接続されている機器で自由にアカウント(口座)を作成することができます。

アカウントを作成する際に個人情報を登録したり、誰かの許可を得る必要もありません。勝手に口座を開設することができます。仮想通貨を利用するためには、自分のコンピュータに無料のウォレットアプリをインストールして、アカウントを作成します。

ウォレットアプリにアカウントを作成したら受取用アドレスが表示されるので、取引所や送金元の人にアドレスを伝えればコインを送金してもらえます。

誰かにコインを送金する際は送金先の人の受取用アドレスを入力して、金額と送金手数料を指定して送信します。ビットコインのメリットは、送金手数料が非常に安いことです。正しくは、コインを送金する際の手数料は、利用者が任意に決めることができます。

ウォレットアプリを設定して手数料を少なくしたり、多くすることができるのです。ビットコイン取引は送金手数料が多い取引案件が優先的に処理される仕組みになっています。早く取引を済ませたければ、手数料を多めに指定します。

送金に時間がかかっても構わない場合には、手数料を無料または少なく設定することもできます。

温泉旅館で女将さんにチップを渡せばより良いサービスが受けられるのと同じように、仮想通貨の世界でも手数料を多く支払えば優先的に送金手続きをしてもらえます。

自分のウォレットアプリからビットコインを送金する場合には自分で手数料を設定することができますが、取引所のアカウントからコインを出金する際の送金手数料が決められている場合がほとんどです。

取引所によっては、コインを出金する際の手数料を自分で指定できるケースもあります。

ビットコインの値動きとは

ビットコインを含めて多くの仮想通貨は発行枚数の上限や、新たなコインが発行される割合が決められています。仮想通貨が普及して利用者が増加すれば、必然的にコインの価格が上昇することになります。

このため仮想通貨取引所が開設されたり、どこかの国や地域で仮想通貨の利用が解禁されて流動性が高くなると、コイン価格が上昇する傾向が見られます。多くの仮想通貨は発行枚数の上限が定められていますが、新規に発行されるコインも決められています。

ビットコインの場合はブロック生成(10分)ごとに新たに発行されるコインは21万枚ごとに半減するので、約4年に1回のペースで半減期が到来します。半減期を境に新たに発行されるコインが減少するので、コイン価格が値上がりします。

仮想通貨は特定の国や地域の中央銀行や組織によって発行・流通量が管理されている訳ではありません。そのため、特定の国で発生する金融危機や戦争・テロなどの地理的なリスクの影響を受けにくいという特徴を持ちます。

総量が有限で地理的な影響を受けにくいという点で、ビットコイン相場は金と似ています。ビットコインは管理者不在なので、国家権力などによる銀行預金の凍結や差し押さえ、預金閉鎖などが実施されるリスクが極めて低いというメリットもあります。

経済危機やテロなどのニュースがあると株や当該国の通貨は値下がりしますが、ビットコイン相場は上昇する傾向が見られます。実際に2013年3月に発生したキプロス危機の際もコイン価格が上昇しています。

ビットコインは株や新興国の通貨などと異なる値動きをすることが知られていて、一般的に日本円・スイスフランなどの先進国の通貨や金(ゴールド)などと同じように安全資産とみなされています。

ヤフー知恵袋に興味深い見解があったのでご紹介しましょう。

流動性については、ビットコインはかなり考えられている。しかし、一方で、それは既存の〝市場〟のランダム性の模倣でしかない。今日の経済は富の再分配によって成長率を維持している。

今日の市場規模を上回る可能性があるデジタルカレンシーのランダム性をいかに維持するかは非常に困難だろう。
つまり、本気で世界通貨になれば、経済成長率は平均化され、経済成長率は下がり、流動性は下がる。

分散暗号化技術は今日では実行オペレーション上、最も安全だが、一方で安全性確保は効率性を削ぐ。
絶対破られない量子暗号が実務レベルに達すれば問題ないだろうが、何十年かかるか・・私にはわからない。
実は、物理物ではないモノの安全性の確保は極めて難しい。通貨を使用した経済テロの防御はデジタルカレンシーに仮に完全移行した場合、その被害は甚大になる。

参照:ヤフー知恵袋

まとめ

世界初の仮想通貨であるビットコインは現金が存在しない“仮想”のお金でインターネットを通して取引が行われます。

ビットコインの主な特徴は、管理者不在であること、匿名取引が可能で利用者のプライバシーが保護されていること、格安の手数料で送金が可能であること、法定通貨や有価証券、電子マネーのように債権者・債務者の関係が成立しないのにコインの価値が認められていること、地理的な影響を受けにくくて安全資産として認められていることです。

ビットコインは仮想通貨の中で最も普及が進んでいるので、世界中の多くの国や地域で現金と交換が可能で非常に流動性が高く、便利に利用できるというメリットもあります。