仮想通貨【総合】

ビットコインの歴史と相場の推移

はじめに

ビットコインという言葉を最近よく耳にしますが、これは安全な商品なのか。これは、最近流行ってるだけなのか、信頼していいのか歴史を探っていきます。

ビットコインを利用して損をしないためにはどうすればいいのか。このような商品はどの程度の知識を身につけなければいいのか、損する人、得する人の違いは何なのか。

ビットコインはどの層で利用が進んでいるのか。そして、将来的にはどのようになっていくのか。現状では一部の人にしか使われていないが、新規参入しても大丈夫なのか。

ビットコインの出現について

ビットコインは、ピアトゥーピア型の決済を実現している暗号通貨のことをさします。ピアトゥーピアということは、つまり、ビットコイン体系としては中央のサーバーがなく、各端末間を相互に直接接続してデータを送受信する仕組みなのです。一般的な金融機関、例えば銀行などは中央にサーバーを設置しています。そのことから、もしサーバーを攻撃されたら、一時的にせよ取引が停止になってしまいます。普段の何もない状況であれば、取引停止になってもさほど影響はないでしょうが、緊急ですぐに決済したいときなどはとても困ります。その点、ビットコインでは、サーバーを介した取引ではなく、端末間の取引ですので、取引停止になる心配は不要になります。送受信は、ネットワークに参加しているノードによって検証され、ブロックチェーンという公開分散元帳に記録するという技術で行われています。そして、トランザクションでは通貨単位として使用していますが、こればビットコインなのです。つまり、ここではどこにも単一の管理者を置かないし、サーバーも設置していないので、仮装通貨として認識されています。仮装通貨は、普段使っているようなお金ではなく、仮装の通貨ですが、実際のお金のように他の通貨や商品、またサービスと交換することができます。したがって、これを利用して実際のお金のように扱うことも可能になっています。ただし、これらのサービスはまだ限定的で、使える用途は一般消費者にとってはほとんどないのが現状です。使える用途としては、ビジネスでの取引が考えられますが、後述するように、これらは政府が認可している金融取引ではないため、信ぴょう性としてはまだ不安が残るものです。

ビットコインの変遷の歴史

まず最初に、2008年にサトシナカモトの名前で発表された論文で紹介されたことからはじまりました。そして、翌年には、最初のオープンソースクライアントがリリースされて、ビットコインが初めて発行されて運用が開始されました。ここで、さらなる機能が実装されて、大量のビットコインが鋳造されました。この機能は、取引と採掘が同時に達成できるものですが、のちに、採掘に特化したソフトウェアの方が効率が良いという判断から削除されるに至りました。それ以降さらにソフトウェアが開発されて拡張されています。その後、2012年頃に金融危機に陥りました。その間は実物の通貨の価値が下がっていたことから、ビットコインの価格が高騰をはじめましたが、その高騰は一時的なもので、次第に下がってしまいました。今では取引停止が起きないことがウリのビットコインですが、2013年には技術的な問題により一時取引停止となりました。これは、ブロックチェーンの分岐が起こってしまったためです。分岐したネットワークは同時に運用されて個々に取引履歴を持つようになったのですが、そのことで激しい売り攻勢に直面してしまい、開発者が一時取引停止を呼びかけました。ただし、この取引停止も、システムをアップグレードすることにより、数時間ほどで回復するに至りました。このような相場は1000社にものぼり、今なお拡大が続いています。現在では時価総額が相当な額まで上がっており、さらなる急騰が続くと考えられています。ただし、ネットワークの脆弱性を利用した詐欺が可能であることは懸念材料です。取引は鍵を管理するシステムでなりたっていますが、一般消費者がこのようなネットワークの知識を持ち合わせていることは多くありません。

ビットコインの仕組み

ビットコインは、中央サーバーも設置せず、中央銀行のような機関も存在せず、通貨の発行や取引は全て端末同士のネットワークにより行われることが特徴です。そして、取引履歴は全てブロックチェーンと呼ばれる台帳に記録されて、取引が行われます。この記録は全ての取引を網羅していますので、これを見れば今までの取引の整合性を検証することも可能です。支払いの際に売買間の電子上での記録や履歴などは存在しませんが、その代わりに、購入者はブロックチェーンの更新を要求します。ネットワークの参加者たちは採掘者として呼ばれ、取引手数料や造幣収益を得ています。これがいわゆる仲介業者というものです。これらは端末を使って受け渡しを行います。送金者は、金額の授受などを採掘者に送信します。その記録によって、送信先に送信をすることで取引が完了します。この間の時間は約10分ほどで行われるので、それほど時間がかかるものにはなっていません。しかし、ある程度のタイムラグは発生するので、金銭の受け渡しとしてメインに使うツールとしては不便なところが見受けられます。すぐに送りたいのであれば、金融機関で取引したほうが、即時に取引を行えます。何もビットコインを使わなければいけない理由はないからです。それに、取引をするまでに、実際のお金を使用するのではなく、仮装通貨に換えてから取引をすることになるので、それまでの手間が不可避的にかかってしまします。すべての取引をビットコイン上でしているのであれば、そのようなわずらわしさがなくなるのでしょうが、ほとんどの消費者は現金で決済するのが通常で、現金であるほうが家計の計算もしやすいことは言うまでもありません。このあたりが今後の課題になってくるでしょう。

ビットコインの相場の推移

ビットコインの価格推移は、取引されている取引所のウェブサイトに行けば確認することができます。しかし、取引所によって価格が違うこともあるので、複数のサイトで確認することがベターです。そこで、価格を確認するためには、他のサイトにより、比較してみることが重要です。そうすることにより、損をしない取引をすることができます。そもそも、ビットコインは普及が高まっているとはいえ、現状でいえば投機という扱いでいいでしょう。株やFXと同じです。通常の金融機関での預金の代わりとはなりえないのです。預金と考えるならば、これはあまりにもボラティリティが高く、昨日の額の今日の額でかなりの隔たりが出てくることも少なくなく、その時点においても変動することが多いので、金融知識が乏しい初心者が、このような投機性の高いサービスを利用しても損をすることは明白です。どうしてもビットコインを利用したいのであれば、初心者ならまず少額を長期投資として運用することをお勧めします。ビットコインは初期発行以来、その相場推移は上昇傾向にあります。今後もこのような傾向が続くと考えられますので、短期での運用でなく、長期での運用ならば損をするどころか得をする可能性が格段に上がってくるでしょう。短期での運用ならばどうしても専門的な知識の必要性や運にゆだねるところが多く、初心者の貯蓄としては考えられません。すなわち、少しの利息がほしいだけならば、金融機関に貯蓄しているほうが安全でほぼ無リスクで運用できる分お得ということになります。相場推移の読みはプロでも難しいため、周りに簡単に踊らされて、相場を信用しすぎないようにしなければなりません。相場はあくまで一つの指標に過ぎないので、未来のことは確実には読めないのです。

ビットコインの展望について

ビットコインは、普及が進んでいますが、その利点は現在のところ、主にビジネス側のみにあります。消費者にとっても使用料はかかりまえん。ビジネス側にとっても使用料はかかりません。つまり、使用料についてのみ見るならば、容易に利用できるものとなっていますが、使用料の他に、何か利点があるのかといえば、消費者側にとっては大きな利点が見えません。逆に、ビジネス側にとっては、使用料の他に大きな利点は存在します。それは決済においてです。店舗などが商品を販売する場合、クレジットカードを利用すれば、数パーセントの手数料をとられてしまいます。これは、多くの消費者にクレジットカードで購入されてしまっては、結構な額となってしまう可能性があります。しかし、ビットコインならば、その手数料が少額ですので、これまでよりも負担を減らすことができます。これは、ビットコインは中央サーバーを設置しなくても運用できるからこそ、運用コストが他の決済システムより格段に安く済ませることができるからです。ただ、このような中央機関等を介していない分、政府によって認可されている決済システムではないから、世間的な認知も少なく、信ぴょう性という点でもあまりよくは思われていないことが現状です。これはあくまでも投機であって、決済に使うものではないというのが消費者の考えになっています。ですから、消費者にとって有利になるポイントを何か造らなければこれ以上の普及は見込めないでしょう。ただの投機で終わってしまえば、一時的なブームで終わってしまうでしょう。さらなる展望としては、ビジネス同士の取引を充実させていくか、政府の認可を得ることで消費者から信頼を得ることが必要になるでしょう。

まとめ

ビットコインの相場推移は上昇しているのは確かですが、まだまだ安全な商品と考えるのは早とちりです。政府認証の取引でもなく、一部の投機者の中で盛り上がっているにすぎないからです。もし、ビットコインを利用するならば、浅はかな流行心からやってみるのではなく、取引の流れ、システムに関することを勉強してから参入しなければなりません。ただでさえ投機性が強いのに、そこに初心者が紛れてしまってはいいカモにされるのがおちだからです。