ビットコイン(BTC)

ビットコインの値動きの要因をチャートから読み解く

はじめに

2009年に世界初の分散型台帳(ブロックチェーン)技術を利用した仮想通貨であるビットコインの運用が開始されました。その後、ビットコインに値段が付けられるようになり、投資に利用されています。

ビットコインなどの仮想通貨の特徴は、値動きが非常に激しいことです。ビットコインの値動きを予想するためには、チャートから過去の価格変動の要因を調べる必要があります。

ビットコインの値動きに大きな影響を及ぼす要因として、仮想通貨に対する規制や経済危機などがあります。さらに、ビットコインに関するニュースによってもある程度の価格変動が起こっています。

仮想通貨が価値を認められる理由とは

ビットコインは紙幣や貨幣を持たず、コンピュータ上のデータに過ぎません。有用なアプリケーションソフトであればコンピュータのデータでも価値を持ちますが、仮想通貨のデータは無意味な文字列に過ぎません。ビットコインは金やプラチナのように、それ自体が価値を持つ訳でもありません。現金もそれ自体は何の価値を持たない存在ですが、建前上は発行元の中央銀行が額面金額分の価値を保証しています。これに対してほとんどの仮想通貨は価値を保証する管理者や発行者が存在しません。
価値の裏付けとなる物や組織が存在しない仮想通貨でも、現金と交換されることで一定の価値が認められています。
ビットコインの価値が認められている最大の理由は、供給ペースや総量が限られていることです。発行枚数が限られているため、市場規模に応じてコイン価格が上昇します。これに加えて知名度が高くて世界中の多くの国や地域で現金(法定通貨)と交換することができる環境が整っている(流動性が高い)ことです。世界中どこでもお金と交換できることが分かっていれば、安心してコインを購入することができます。これに加えて、決済の際の利便性が高いという仮想通貨としての利点を持っているからです。インターネットを通して、格安の手数料で簡単にコインを受け渡しすることができます。
通貨としての流動性や利便性に加えて、仮想通貨が持つ不正送金・二重支払いなどの不法行為ができない強固なシステムと、コインの発行量が有限であることも価値が認められる要因のひとつです。ほとんどの仮想通貨には中央銀行のように通貨の発行元(債務者)や管理者は存在しませんが、開発者グループによってプログラムの更新作業が続けられています。何らかの問題が発覚すればすぐに修正プログラムが配布され、システムはきちんと管理されています。さらに、管理者不在の仮想通貨はどこの政府にも束縛されない“自由な”存在であることのゆえに、信用されている側面があります。

ビットコイン価格の変動影響を及ぼす要因とは

一般的に、現金と交換可能な仮想通貨の多くは価格変動が非常に激しいという特徴があります。仮想通貨の中で最も普及が進んでいるビットコインでも、1日で2割以上暴落するケースもあります。ビットコイン価格の変動が生じる要因は、仮想通貨の価値が認められる理由と深い関係があります。
ビットコインはメディアを通して一般の人々の間にも広く知られています。このため、一般向けのニュースによって、コイン価格が影響を受ける可能性があります。
それ自体何の価値を持たない“データ”に過ぎない仮想通貨は、世界の多くの国々で現金(法定通貨)と自由に交換できることで一定の価値が認められます。このため、仮想通貨と現金を交換するための取引所の開設・閉鎖に関する情報、金融当局による仮想通貨と現金との交換を禁止・解禁する規制に関するニュースや記事も、ビットコインの相場に影響を与える可能性があります。最近は仮想通貨でモノやサービスの決済に利用する人が増えています。そのため、ビットコイン決済の普及(利便性)に関するニュースも、相場に影響を与えることが考えられます。
ビットコインは金やプラチナと同じように、どこの国の金融当局にも管理されない無国籍通貨です。このため、安全資産として買われる場合もあります。そのため、世界情勢に関するニュースも、仮想通貨の価格変動に影響を及ぼします。
通貨としての流動性や利便性以外にも、仮想通貨の分散型台帳管理(ブロックチェーン)技術そのものに関する記事も価格変動に影響を与える可能性があります。セキュリティホールの発見やシステム上の不具合・問題点に関する情報も、コイン価格に影響を及ぼすことが考えられます。仮想通貨は新規に発行されるコインの「半減期」が存在します。採掘の際に発行されるコインの半減期も、コイン価格に影響を及ぼる可能性があります。

ビットコイン価格への影響を調べる方法とは

ビットコイン(仮想通貨)の価格に影響を及ぼす可能性がある要因はたくさんあります。それでも実際に影響を及ぼすかどうか(有無)、コイン価格に影響を及ぼす程度(度合い)は異なります。
ビットコインまたは仮想通貨一般に関する情報の中で、実際にコイン価格に影響を及ぼすような要因を知る方法のひとつとして、過去のコイン価格の変化をチャートから調べることができます。チャートの値動きと各種のニュースを比較することができます。
仮想通貨は歴史が浅く、最も古いビットコインでも数年分のチャートしか存在しません。仮想通貨の歴史は、数十年にも及ぶ歴史を持つ法定通貨や、古代から取引が行われてきた金(ゴールド)の足元にも及びません。それでも数年間という短い間にも価格変動が生じています。まだ浅い仮想通貨の歴史の中でもキプロスやギリシャで生じた経済危機やアメリカ合衆国の財政問題などの金融情勢の変化、各国政府による仮想通貨に関する規制強化・規制緩和も経験しています。世界中の多くの国や地域での普及が進んでいることや、システム上の問題とプログラムの修正などを経験しています。仮想通貨と法定通貨の取引量に関する統計的なデータも存在しますし、2度の半減期も経験しています。
チャートを利用してビットコインの価格変動時に何が起こったのかを調べることは、今後のビットコインまたは他の仮想通貨の値動きを予想するのに役立ちます。ビットコイン価格のチャートを見ると、過去数年間の間に何度か高騰または大暴落が発生しています。実際にコイン価格に変化が生じた時には、当局による規制や仮想通貨に関する重大なニュースが報じられています。逆に大きなニュースであっても、相場にさほど大きな影響が及ばなかったケースもあります。

コイン価格に大きな影響を及ぼしたニュースとは

ビットコイン価格のチャートの中で、急激な高騰・暴落の場面に注目することができます。ひときわ目立つ高騰は、2013年11月に史上最高値となる1BTCあたり11万円を超えた場面です。最高値を付ける5ヶ月ほど前の2013年6月には1BTCあたり1万円にも満たない水準でした。
この期間に起こった出来事ですが、2013年10月初旬にビットコインを利用して違法薬物の取引を行う非合法サイト「Silk Road」が閉鎖されました。犯罪資金取引が減少することで僅かにコイン価格が下落しましたが、全体的な影響は軽微でした。この時期にアメリカ合衆国の債務問題が発生し、予算が可決されなければ政府機関が停止する可能性がありました。これを受けてコイン価格が一気に10倍近くも高騰しました。同様に2013年3月のキプロス危機の際も、コイン価格が約3倍にまで高騰しています。
史上最高値更新後にコイン価格が暴落して、2014年4月には5万円台になりました。この暴落の原因は中国政府による仮想通貨取引の規制です。2013年12月に中国国内において金融機関でビットコインと人民元の交換が禁止されました。ちなみに2017年4月に中国当局が取引所における仮想通貨取引を解禁するとコイン価格が高騰し、それまで10万円前後だったコイン価格が3倍近くに値上がりしています。ビットコインの所有者の大半が中国人なので、中国政府の規制の影響が非常に大きいことが分かります。
2014年3月に1BTCあたり4万7千円台まで下落した後、6月にかけて8万円台まで値上がりしています。この間に日本を含めて世界中で多くの仮想通貨取引所が開設され、ビットコインにも巨額の資金が流入しました。
2016年の7月~12月にかけて2度目の高騰が発生しました。ビットコインを利用したETF(上場投資信託)の期待感から1BTCあたり4~6万円だったコイン価格が再び11万円を突破して、史上最高値を更新しています。

コイン価格に影響を及ぼした他の要因とは

他にもビットコイン価格に影響を及ぼした要因が存在します。
2013年12月の中国政府による規制を受けて1BTCあたり6万円台弱まで下落した際に、日本の大手仮想通貨取引所のMt.Goxが突然閉鎖され、一般向けのニュースでも報道されました。このニュースを見た多くの日本人は仮想通貨そのものが終焉を迎えたように感じましたが、Mt.Gox閉鎖のニュースによって1BTCあたり5万円弱程度に下落した程度に過ぎませんでした。
仮想通貨は採掘される際に新規に発行されるコインの供給量が半減する半減期が存在します。この半減期の前後でもビットコイン価格が変動しています。最初の半減期は2012年11月(50BTCから25BTC)に起こりましたが、1ヶ月程度は大きな価格変動は生じませんでした。翌年の2013年頃からコイン価格が上昇し始めて、2013年8月以降は1万円を割ることがなくなりました。これに対して2016年7月の2度目の半減期の際は、投機目的で2ヶ月ほど前からコイン価格が6万円台後半まで上昇しました。その後6万円前後まで下落しましたが、別の要因で値上がりしています。仮想通貨の世界では半減期がビックニュースではありますが、他の要因による価格変動の影響の方が大きいことが分かります。
ちなみにビットコインのシステムに関する消極的なニュースもありますが、いずれもコイン価格に大きな影響は生じませんでした。2013年3月にプログラムの問題で一時的にブロックチェーンに分岐が発生しました。2015年12月以降には開発者とマイナーグループの対立が生じ、ビットコインの分裂(フォーク)問題が起こりました。いずれのケースでも、コイン価格に大きな下落は生じていません。
プログラムの問題やブロックチェーンの分裂問題はビットコインの存亡に関わるような大事件ですが、世界情勢や経済状況の変化の方がコイン価格に大きな影響を及ぼしていることが分かります。

まとめ

ビットコイン価格のチャートとニュースを比較すると、コイン価格に大きな影響を及ぼしている要因と、さほど影響を及ぼさない要因を知ることができます。
ブロックチェーンの技術に関するニュースはコイン価格にさほど大きな影響を及ぼしていませんが、当局による規制や取引所の開設、上場投資信託などの金融・経済情勢、政治・世界情勢に関するニュースによってコイン価格に大きな変動が生じていることがわかります。
2017年夏以降で注目されるビットコイン関連のニュースとして、米国においてビットコインETFが認可されるか否か、日本で仮想通貨購入の際に消費税が非課税になること、ビットコイン決済の拡大に関することが挙げられます。