ビットコイン(BTC)

ビットコインと銀行預金では、どちらがお得?

はじめに

こんにちは!ビットコイン・仮想通貨専門WEBマガジン「ビットカレンシー」編集部です。本日は、ビットコインと銀行預金では、どちらがお得?をテーマ二したいと思います。

  1. 昨今ビットコインという仮装通貨が流行しています。世界的にも取引が増えていることから種々のメリットがあります。
  2. ビットコインには、利用者が急激に増えていますが、忘れてはいけないのが、リスクを伴うことです。

ビットコインとは?あらためて理解しよう

ビットコインシステムはピアトゥーピアのネットワークにより運営されており、取引等は仲介者なしで、ユーザー同士で直接行われます。

ビットコインとは仮装通貨のことで、2009年から運用が開始されています。ビットコインを扱うビットコインシステムはピアトゥーピアのネットワークにより運営されており、取引等は仲介者なしで、ユーザー同士で直接行われます。

この取引は、ネットワークに参加しているノードによって検証されて、この中のシステムに記録されます。このような取引で行われるのが、いわゆる仮装通貨というものです。

まずは、システムの存在から確認されて、そのあとで、システムから分散されたデジタルでの通貨としてビットコインが確認されました。現在では、このようなシステムの中では最大の時価総額を持つものとなり、人気を集めている通貨と言えます。

この通貨は、取引処理作業に対して、報酬というものが発生します。これは一般の金融機関でいう取引手数料で、システムの中に記録されます。

ビットコインを入手すると、他者と交換できますが、これは仮装通貨に限ったものではなく、他の通貨や商品・サービスなど様々な用途で交換することができます。一般の金融機関での取引では、交換といえば現物通貨で行うのが基本です。

例えば、ドルと円を交換するとか、小切手を換金するといったことがあげられます。

これらは現物のお金同士なので、わかりやすい取引であることは間違いありません。ここで、仮装通貨の問題が発生する可能性があります。

取引が単純ではないため、あまり理解していない人が取引をすると、損と感じたり、実際に損失が発生することがあるからです。

また、システム上での取引なので、必ずしも説明を受けていない状態で、感覚で使用してしまうことがありますので、このあたりの知識の入手は必要でしょう。

ビットコインは中央銀行に依存しない

ビットコインのメリットとして考えられるのは、まずは、中央機関に依存していないことです。中央機関が存在しないことから、資金をどこかの銀行等に預けて、銀行が倒産しないかどうか心配する必要はありません。

いうなれば、資金管理をするのは自分自身ですので、他者を信用するよりも、自己の管理能力を磨くことが最重点になります。

次に、取引がグローバルに展開していることから、容易に海外とのビジネスと通じ合うことが可能になります。

通常の通貨であれば、通貨単位が異なり、為替が存在するので、日々為替レートを気にする必要があり、また、両替する際には必ず手数料が発生してしまいますので、換金すら容易にできません。

しかし、ビットコイン建ての決済をすれば、このような問題から解放されて、海外ビジネスの展開が容易になります。

このように、ビットコインでは、銀行システムと異なり、容易に取引できることが利点です。

日時と関係なく送金可能であることは大きな利点といえるでしょう。また、取引手数料が格安なので、余計な負担を懸念する必要がなくなります。最後に、資産を守ることも一因として存在します。

それは、仮に予期せぬことにより預金封鎖が行われたとしても、なかなか引き出せないという心配は不要になります。日時と関係なく取引ができますので、自由に引き出しが可能です。

ビットコインの安全性

価値が暴落しても、詐欺にあっても、保証してくれないので、損失は自己責任

ビットコインのデメリットは、株取引のような投機的な側面があることから、通常の通貨よりボラティリティが高く、上下の変動が激しいことがあげられます。

つまり、何もしないで長期間貯蓄するということにはあまり向いていないようです。このように、銀行預金のように貯蓄のために取引を行うことは避けた方がいいのですが、これに対応する策は用意されていますが十分ではありません。

次に、ビットコインは他の仮装通貨に比べると取引が遅いことです、確かに、銀行システムと比べると断然早いのですが、他の仮装通貨に比べると、若干スピードが遅くなってしまいます。

現在では、さらに進歩していって、数秒単位で取引を終えることができる仮装通貨も開発されています。また、取引の間違いにも要注意です。

ビットコインで送受信するためには、ビットコインアドレスが必要ですが、このアドレスは、かなり長く、人には読みにくい文字列になっていますので、正確に読み取らないと取引できない可能性があります。

最後に、国による保証がないことです。これは、容易に想像できることかもしれませんが、ビットコインは中央銀行を介さず、独自のシステムで取引を行っていることから、問題が起きても国は何も保証してくれません。

すなわち、もし価値が暴落しても、詐欺にあっても、何も保証してくれないので、損失は自己責任ということになります。ビットコインは、自己責任で管理しなければいけないことが種々存在しますので、資金管理を全て他人任せにしているような人は利用しない方がいいかもしれません。

ビットコインのボラタリティ

ビットコインはボラティリティが高く、投機的性格を有している

ビットコインは、銀行等で行うような貯蓄ではなく、投資対象として考えた方がいいでしょう。それは、前述した、ビットコインはボラティリティが高く、投機的性格を有しているからです。

そこで、この通貨には将来性があるかどうかについて考察していきます。投資対象としてとらえるならば、その対象が将来的に価値が上昇することが重要です。

ここで、ビットコインは、長期的にとらえてみれば、価値は上昇すると考えられます。それは、物価変動と大きく連動することが多いからです。

短期間での取引であれば、上がったとか下がったとかで一喜一憂しなければなりません。しかも、明日急に起こるニュースなんて誰も想像できません。リーマンショックについてもそうです。

このようなサプライズが起きると、相場は暴落してしまいますが、現在の株価を見てわかるように、この危機からわずか数年で元通りに回復しいます。

つまり、相場は長期的に見るならば、日々のニュースには関係なく、物価上昇によって自然と上昇すると考えられます。昔の日用品と今の日用品とどちらが高いかといえば、確実に今の値段のほうが高いのです。

かといって、銀行の金利は上昇するどころか、どんどん下がっていってしまいます。このリスクを回避するために、長期投資として資産運用の一つでビットコインを利用するのはいい策だといえるでしょう。

これには、もう一つポイントがあります。通貨は分散することが重要となってきます。株でも分散投資をすることで、リスク分散できますが、同じように、仮装通貨でも分散することでリスクを軽減することができます。

通貨は色々ありますので、動きが違う通貨を見つけて分散すると、リスクを減らしてうまい投資ができます。

オンライン上で取引をするに際して、専用のウォレットが必要

 

ビットコインはどのようにして取引を行えばいいのでしょうか。ビットコインは、銀行のように店頭での取引ではなく、オンライン上で行います。金利や利息についてもオンライン上で確認します。

オンライン上で取引をするに際して、専用のウォレットが必要になります。これは、電子データを使うため、残高を記録するために使用します。

ビットコインウォレットは一つではなく、色々な種類が用意されていますので、使いやすそうなものを調べることをお勧めします。

それぞれによって利点が違いますので、一度サイトをのぞいてみて吟味してみるとわかりやすいでしょう。

まとめ

最後に、銀行での預金の代わりにビットコインを利用することについては、多少のリスクが伴います。ただ便利だからという理由で預金をビットコインで代用することは浅はかな動機と言えます。

預金はあくまでも預金であり、ビットコインは投資として運用するという考えを持たなければいけません。つまり、便利な一面がありつつも、リスクが伴うものですので、金融商品として捉える必要があります。

ビットコイン、仮想通貨の健全な育成を「ビットカレンシー」

QUOINEX