未分類

【解説】仮想通貨におけるトランザクション展性とは

ビットコインに用いられているトランザクション展性とは、トランザクションに含まれるスクリプトのハッシュ情報を変更したものです。その為、アウトプットが一緒で署名も有効なトランザクションとなり、トランザクション・ハッシュだけが書き換わります。

即ち、ビットコインのトランザクションでは、送金の内容自体は変わらず、送金の結果として生じるトランザクションのID相当が変わることになります。そもそも、トランザクションとは、データベース管理システム内で実行される、一連の情報処理単位を意味しています。一般的に、ユーザーインターフェイスにアプリケーションプログラム、そして永続性記憶資源と各種I/Oが書き込まれています。

ユーザーインターフェイスには、トランザクション実行の有無を表示する役目があり、永続性記憶資源には、ローカルトランザクションの管理の役目があります。それによって、複数の不揮発性データの処理が中途半端に中断されても、データを正常な状態に戻すことができるようになります。一方、ビットコインで用いられるトランザクション・ハッシュだけで特定するシステムでは、本来のユーザー以外にIDを作成されるリスクがあるわけです。それ故、現在ではハッシュだけで識別されないシステムが採用されています。

QUOINEX