仮想通貨【総合】

テックビューロが開発するブロックチェーン製品「mijin」とは

はじめに

こんにちは!ビットコイン・仮想通貨専門WEBマガジン「ビットカレンシー」編集部です。本日は、テックビューロが開発するブロックチェーン製品「mijin」についてです。

  1. 2009年に仮想通貨(ビットコイン)の運用が開始。
  2. 日本ではテックビューロがブロックチェーン技術を活用したmijinを開発。
  3. ブロックチェーンそのものは2009年に運用が開始されてから数年程度の実績しかありませんが、使用されている技術は以前から利用されてきたもの。

ブロックチェーン(分散型台帳管理)技術の基本的な概念とは

一般的に電子マネーや銀行の口座管理システムでは専用のサーバー(ホストコンピュータ)で一元的に台帳が管理されています。従来型のシステムではバックアップ用のデータを除いて、基本的に1つの台帳を使用して各口座またはアカウントに含まれる残高が記録されています。

サーバー管理者はホストコンピュータ内の台帳を不正に書き換えることが可能なので、運営会社が不正行為を行わない性善説に基づいてシステムが運用されます。

これに対してビットコインなどの仮想通貨の基幹技術に用いられている分散型台帳管理技術では、誰も不正行為を行うことができない仕組みがシステムに組み込まれています。性悪説に基づいてシステムが運用されているため、仮に誰かが不正行為をしようとしても不可能です。

従来型の中央集権的な台帳管理システムでは、万一ホストコンピュータが停止すると口座(アカウント)内の残高照会や決済機能が全て停止してしまいます。そのため、1台の装置(ホストコンピュータ)を24時間365日連続稼働させ続ける必要があります。
分散型台帳管理技術では複数のコンピュータで同一の台帳の管理を行います。いずれかの台帳に記帳が行われると、一斉に全ての台帳で内容の更新(同期)が行われます。

分散型台帳管理システムでは常にいずれかの計算機(最低1台)が稼働していれば、システムの運用を続けることができます。もしも一部の計算機が稼働を停止したとしても、他に稼働している計算機があればシステムの運用を継続することが可能です。

個々の計算機は必ずしも24時間稼働させておく必要がないため、ネットワークに接続された複数の家庭用(24時間稼働を前提としていない)パソコンでもシステムの運用を継続して行うことが可能です。ブロックチェーン(分散型台帳管理)技術は不正防止方法や計算機の稼働方法の点で、従来型の台帳管理システムとは全く異なるシステムです。

ブロックチェーン技術のメリットと応用例とは

ブロックチェーン(分散型台帳管理)技術を応用したシステムで一番有名なものが、2009年1月に実験的に運用が開始された仮想通貨(ビットコイン)です。ブロックチェーン技術の最大のメリットは高い安定性とセキュリティ面での安全性です。

例えばビットコインは運用開始から既に数年が経過していますが、プログラムのミスを除いて二重支払いなどの不正行為が行われたことがなく、システムの運用が停止したこともありません。

銀行や企業のポイントサービスでも年末年始などにサーバーメンテナンスが行われて計画的に運用が停止する場合がありますが、ブロックチェーン技術を応用した仮想通貨は文字通りシステムが停止することなく稼働を続けています。ブロックチェーンのシステムでは運用を担う各計算機内に同一の台帳が保管されているため“自動的に”バックアップが行われ、データが常に安全に保護されています。

現在はブロックチェーン技術を応用して、ビットコイン以外の仮想通貨が何百種類も開発・運用されています。最近では仮想通貨以外にも、民間企業が顧客向けのポイント管理システムにブロックチェーンの仕組みを活用したシステムが開発されています。海外の一部の銀行では、銀行間の送金取引の際にブロックチェーン技術を応用したシステムを開発しています。

日本国内でも企業向けにブロックチェーンを応用した台帳管理システムが開発・製品化が進められています。大阪市に本社を置くテックビューロ株式会社は、ブロックチェーンのシステムを応用した台帳管理用の基幹システム「mijin」の開発・製品化を行っています。

テックビューロ「mijin」は2017年2月9日から東京に本社を置く株式会社日立ソリューションズのポイント管理ソリューション「PointInfinity」に組み込まれ、ブロックチェーンの検証実験に使用されています。テックビューロ「mijin」のシステムは、他に複数の企業で実証試験が実施されています。

テックビューロ「mijin」の仕組みとは

テックビューロ株式会社が開発したmijinとは、クーポンやポイントなどの台帳管理システムの基幹部分です。一般的にオンライン上で企業内通貨やポイントなどの決済システムを運用するために、1台のホストコンピュータを使用して一元的に台帳が管理されています。

これに対してテックビューロ「mijin」では、ビットコインのように分散型台帳管理技術を応用して複数のコンピュータを使用して台帳を分散管理します。

テックビューロ「mijin」を利用すれば、銀行口座や企業が運用するポイントなどの他にゲーム内の通貨やクーポン券・企業内通貨などの台帳を、安全かつ低コストで分散管理することができます。テックビューロ「mijin」は、企業内の機密文書管理にも利用できます。

テックビューロ「mijin」で使用されるブロックチェーンのシステムは、管理者が指定した(企業内ネットワークで接続された)複数の計算機だけ運用が行われます。ビットコインなどの仮想通貨であれば誰でもノードとして採掘作業に参加できる(パブリック)のに対し、テックビューロ「mijin」では外部の計算機がノードに参加することができません。

テックビューロ「mijin」は台帳管理システムのために企業内ネットワーク内のみ(プライベート)に複数のノード(計算機)を設置して、各計算機が管理作業を行います。企業内ネットワークに接続された計算機で運用が行われるため、ブロックチェーン(台帳のデータ)は企業内のみで保管し、一般的な仮想通貨のように外部に公開する必要がありません。仮に一部の計算機が停止したとしても、稼働を続ける別の計算機によってシステムを運用し続けることができます。

テックビューロ「mijin」は実証実験にも使用され、1秒間で数千件もの取引を処理することが可能です。ちなみにビットコインでは、1秒あたり数件程度の取引しか処理することができません。

テックビューロ「mijin」の台帳管理システムの特徴とは

テックビューロの台帳管理システム「mijin」の最大の特徴は、低コストで高い安定性・安全性を実現していることです。テックビューロ「mijin」では台帳が企業内ネットワークに接続された複数のコンピュータで分散管理されているため、一部の装置が稼働を停止しても運用を継続することが可能です。

ネットワークに接続されたいずれかの計算機を稼働させ続けることで、システムメンテナンス時にも運用を停止する必要がありません。従来型の台帳管理システムは性善説に基づいているため、管理者の不正行為を防止するための高度なセキュリティシステムを必要とします。

これに対して性悪説に基づいて開発された分散型台帳管理システムは各コンピュータがお互いを監視し合うため、特定の人物による不正行為は事実上不可能です。このため、人為的な不正行為を防止するための設備やシステムを必要としません。

テックビューロ「mijin」は企業内ネットワーク内に接続された装置で運用が行われますが、物理的に離れた場所にコンピュータを設置することも可能です。別の場所に計算機を分散させておけば、仮に停電などで一部の装置(ノード)が停止してもシステムを稼働させ続けることができます。

日本全国で一斉に停電が起こる事はないので、回線や電源の予備システムを必要としません。さらにシステムを管理する複数のコンピュータ内で同一の台帳(ブロックチェーン)が保存されるため、データのバックアップも不要です。ノードに参加するコンピュータには24時間365日連続稼働させるほどの高い信頼性が求められていないため、システムを構築する際のコストを大幅に削減することができます。

テックビューロ「mijin」はブロックチェーン技術の長所を十分に生かすことで、従来型の一元管理式の台帳管理システムよりも大幅に低コストかつ安定したシステムを構築することが可能です。

ブロックチェーンに活用されている基本技術と安全性とは

テックビューロ「mijin」は、仮想通貨で実用化されて間もないブロックチェーン(分散型台帳管理)技術を応用した製品です。ブロックチェーンのシステム自体は数年程度の運用実績しかありませんが、システムに含まれる個別の技術は既に安全性・有用性が実証されたものばかりです。

ブロックチェーンの基本は、Peer to Peer(P2P)方式による通信システムです。P2Pはネットワークに接続された端末間で情報を共有するシステムで、インターネットを利用するファイル共有ソフトやIP電話などで既に実用化済みです。Windows10のセキュリティ更新プログラム用のファイルを配布する際も、P2P技術が応用されています。

ブロックチェーンシステムでは二重支払いを防止するために、電子署名技術が利用されています。公開鍵で暗号化したデータを秘密鍵を用いて復号化することで、情報の“所有者”を特定します。

公開鍵暗号方式と呼ばれる暗号化技術は1976年に開発され、インターネットが生まれるよりも前から利用されてきました。電子メールの暗号化も公開鍵暗号方式が利用されており、既に安全性が実証された暗号化技術のひとつです。

ブロックチェーン技術ではデータを送受信する際に複数の通信経路が存在するため、ネットワーク上の一部の回線が切断しても生き残っている他の回線を使用することができます。

この技術は既にインターネットに用いられており、自然災害などで回線の一部が切断した際も通信が可能であることが証明されています。

テックビューロ「mijin」で使用されている分散型台帳管理システム自体は歴史が浅いのですが、システムに使用されている基本技術は既に安全性や有用性が実証済みで、個々の技術は既に実用化されているものばかりです。

まとめ

ブロックチェーンなどの仮想通貨の基幹システムに利用されているブロックチェーン(分散型台帳管理)技術は、多くの分野で活用されています。

テックビューロが開発した「mijin」も分散型台帳管理技術を応用したシステムで、従来型の台帳管理システムと比較して安全性・安定性・低コストを実現しています。近い将来、多くの企業で「mijin」に含まれる分散型台帳管理技術を使用したシステムが採用される可能性があります。

ビットコイン、仮想通貨の健全な育成を「ビットカレンシー」