未分類

【解説】コールド・ストレージとは

コールド・ストレージとはビットコインを高いセキュリティで保存する方法です。別名コールドウォレットとも呼ばれているもので、通常インターネットにつながっているビットコインをネットワークから切り離したところに保存します。プログラムにおいて不具合がある場合、セキュリティが低下してしまうので安全性が薄れてしまうのです。しかしコールド・ストレージを使用することで脆弱性を気にせずにビットコインの価値記録を保護できます。暗号化も併用することで、より安全にビットコインを保管することが可能です。

コールド・ストレージ機能を使う場合2台のパソコンとUSBメモリが必要となっています。マルチシグネチャ機能を使用することによってウイルス混入の危険性を回避できるのです。利用する場合はUSBメモリからオフラインのパソコンにElectrumをインストールします。そしてウォレットからマスター公開鍵を選択、鍵をテキストファイルに貼り付けUSBメモリに保存するのです。メニューのファイルから新規・復元を選択して新規ウォレットを作成しましょう。ウォレットの種類を選択してマスター公開鍵の入力をするとコールド・ストレージが使えるようになります。