未分類

【要点解説】クラウドマイニングとは、クラウド上のマイニング団体に投資をして、ビットコインの採掘権を購入すること

クラウドマイニングとは、クラウド上のマイニング団体に投資をして、ビットコインの採掘権を購入することです。運営を行っている団体は機材を使ってマイニングを行っており、そこに投資をすることで利益を得るというもので、ビットコインを得るための手段の一つとなっています。

ビットコインを手に入れる方法のひとつとしてマイニング(採掘)があります。有志がコンピュータリソースを貸し出して、ビットコインの取引記録の台帳記録作業とその計算処理を成功させることで、ビットコインを報酬として得ることです。

ただし、ビットコインの普及に伴って、個人で行うには難しい方法です。そのため、近年注目されてきているのが、クラウドマイニングという方法です。

クラウドマイニングは必ずしも確実に儲かるというわけではありません。採掘率の良い団体に投資が出来れば利益が出やすいですが、そうでなければ配当を得ることが出来ないからです。

また、採掘を行う会社自体が破たんしたり、ビットコインの価値が急激に下落するなどして損失を被ることもあるかもしれません。投資をする団体は選ぶ必要があります。それでも、個人でのマイニング自体が難しくなっているため、今後もニーズとしては高くなっていくでしょう。

QUOINEX