未分類

【解説】エスクローとは

エスクローとは、商取引の際に、取引の安全性を保証させるために信頼のおける第三者を仲介させるサービスのことです。第三者預託とも呼ばれます。売り手と買い手の間にエスクローサービス事業者が入り、買い手側から購入代金を預かり、売り手側が商品を配送したのを確認して売り手側に代金を送金します。これにより、買い手側は商品が届かなかったり、取引内容と相違があった場合は取引を破棄してエスクローサービス事業者から返金を受けることができ、売り手側はサービス事業者への入金を確認してから商品を配送できるので、未払いなどの心配がなく代金を確実に受領できるというメリットがあります。

アメリカでは州政府に認可を受け、免許を交付されなければエスクローという名称を使用できませんが、日本の法律ではエスクローを定義するものはないので、自由に名称を使用できます。主に信託会社や、ネットオークションなどの運営会社がそれに近い役割を担っています。ビットコイン取引においても、マルチシグネチャ技術という定められた人数の中から一定以上の署名があれば送金ができるシステムを利用することで、売買の当事者同士の間においてもエスクローを行い、安全に利用することが可能です。

QUOINEX